2018.05.31

ロシアW杯決定弾の浅野、井手口が落選…西野監督「トップパフォーマンスではなかった」

西野朗監督は本戦メンバーから落選した3選手について理由を説明した [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 日本サッカー協会(JFA)は31日、2018FIFAワールドカップ ロシアに挑む日本代表本戦メンバー23名を発表。30日に開催されたキリンチャレンジカップ2018(ガーナ戦)のメンバーから、本田圭佑(パチューカ)、香川真司(ドルトムント)らが選出された一方、三竿健斗(鹿島アントラーズ)、井手口陽介(クルトゥラル・レオネサ)、浅野拓磨(ハノーファー)の3名が落選となった。

 日本代表を6大会連続のワールドカップ出場に導いた功労者が、ロシア行きの切符をつかむことができなかった。ロシアW杯出場を決めたアジア最終予選、ホームのオーストラリア戦で得点を挙げた浅野、井手口が落選。さらに、激戦区の中盤からは三竿も本戦メンバーから漏れる結果となった。

 落選の理由として西野朗監督は、「トップパフォーマンスではなかった」と説明した。

「非常に有望な若手3人です。この舞台に立てたのも彼らの力が大きかった。代表でのパフォーマンスは強く感じたし、それを本戦でも求めたいと思いました。ただ、現状はそういう状況ではなかった。パフォーマンスは上がってきていましたし、昨日は制限した時間の中でトライしてくれましたが、自分の中では現時点のトップパフォーマンスという考えは持てませんでした」

 日本代表は6月8日にスイス、6月12日にはパラグアイと強化試合を行い、6月19日にグループステージ初戦(コロンビア戦)を迎える。

Jリーグ順位表

川崎F
63pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
63pt
鹿児島
54pt
群馬
51pt
Jリーグ順位をもっと見る