2018.05.31

W杯初戦で激突のコロンビア、大手紙が日本の敗戦を報道「残念なイメージを…」

ガーナに0-2で敗れた日本代表 [写真]=兼子愼一郎
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 日本代表は30日、日産スタジアムで行われたキリンチャレンジカップ2018でガーナ代表と対戦し、0-2で敗れた。2018 FIFAワールドカップ ロシアのグループリーグ初戦で日本と初戦で対戦するコロンビアの大手紙『エル・ティエンポ』が、スペインの通信社『EFE通信』配信の記事を引用しつつ、ガーナ戦の内容を伝えている。

 日本を出発する前最後となった今回のテストマッチについて、同記事は「コロンビア代表との初戦(6月19日)まで1カ月を切っている中で、日本代表は残念なイメージを示す結果となった」と論評。「W杯出場を逃しながら、はるかに優れた戦いを見せたガーナ相手に自滅した」と続け、“自らのミス”が大きな敗因となったことを報じている。

 指摘されたミスについては、以下のように記されている。まず1失点目のMFトーマス・パーティーのFK弾では「シュートは、明らかに悪い配置だった日本の壁の間を抜けた」と、FKに対する壁の作り方の甘さに言及している。また、2失点目となったFWエマニュエル・ボアテングのPKについては「日本のGKによるペナルティーエリア内での明白かつ不必要なファウルがあった」と指摘。PKの判定に繋がったGK川島永嗣(メス)のプレーをバッサリと斬っていた。

 守備にミスが生じた一方で、攻撃については「ボールを持ち、長友(佑都)や原口(元気)のスピードを活かしたサイド攻撃を展開した」と記述。しかしながら「精度の低さやFW陣の決定力不足によって、ペナルティーエリアへのクロスはあまり危険でないものに終わっていた」とも指摘されている。

 記事の終盤では、「W杯に向けた仕上がりと、新指揮官のプレーの枠組み(3バック)に対する“強い疑念”を残したまま、彼らは試合を終えた」と記された日本代表。W杯前のテストマッチはスイス代表戦(6月8日)とパラグアイ代表戦(同12日)の2試合が組まれているが、本大会までに“強い疑念”をどれだけ払拭することができるのだろうか。

(記事/Footmedia)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る