2018.05.31

初陣敗戦の西野ジャパンを海外はどう見た?…仏紙は酷評「未だに危機的状況」

日本代表は西野監督の初陣でガーナ代表に敗れた [写真]=三浦彩乃
サッカー総合情報サイト

 日本代表は、30日に行われたキリンチャレンジカップ2018でガーナ代表と対戦。西野朗監督は3-4-2-1の新布陣で初陣に臨んだが、9分に直接FKで先制を許すと、51分にもPKで追加点を決められ、0-2で敗れた。

 同試合を伝えたフランス紙『レキップ』は「日本はガーナを相手に守備の弱さを露呈。ヴァイッド・ハリルホジッチ解任後の試合で酷い結果に陥った」と報道。「W杯出場国で最弱チームの1つである日本は、大会15日前にして未だに危機的状況にある。ガーナに敗れてここ4試合未勝利となった」と記した。

 試合内容については、「ガーナはトーマス・パーティーが直接FKで先制すると、ハセベ(長谷部誠)とカワシマ(川島永嗣)の連携ミスから得たPKでエマニュエル・ボアテングが追加点を挙げた」と説明。日本の攻撃面について「チャンスは多かったが、前線で不器用さを見せた」と決定力を欠いたことを指摘した。

 イギリスメディア『BBC』は、同試合について「5バックという新フォーメーションを採用し、ドルトムントのシンジ・カガワはベンチスタートだった」と紹介。「土砂降りの雨の中で見せた酷いパフォーマンスによって、監督はW杯メンバー23名を決めるために難しい決断を強いられることになる」と伝えた。

 ドイツ誌『kicker』は、「ドイツでプレーする選手が多数出場した」と伝えつつ、敗因について「決定力不足、相手GKの好守、守備の弱さ」を挙げ、「GKリチャード・オフォリの好守が日本を絶望の淵に追い込んだ」、「PKで失点後、日本は反撃を試みたが、規律が取れた屈強なガーナを相手に明らかに苦戦していた」などと記した。

Jリーグ順位表

川崎F
63pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
76pt
大分
75pt
町田
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
63pt
鹿児島
51pt
沼津
48pt
Jリーグ順位をもっと見る