2018.05.31

2失点敗戦も…長谷部誠、新システムは「オプションとして手応えはある」

長谷部誠
長谷部誠はフランクフルトでプレーした3バックの中央で先発出場 [写真]=兼子愼一郎
サッカー総合情報サイト

 新システムの3-4-2-1で臨んだ西野朗監督の初陣は0-2で敗れた。それでも、3バックの中央でプレーした主将の長谷部誠は新システムについて「悪い感覚はない」と前向きに振り返った。

 日本代表は、30日に行われたキリンチャレンジカップ2018でガーナ代表と対戦。9分に直接FKで先制点されると、51分にはPKで追加点を許した。3バックの裏を狙われ、結果的にPKを与えた2失点目について、長谷部は「小さなミスが連続して失点につながった。本当に小さなミスっていうのはワールドカップに行ったらより大きな結果につながってしまう」と振り返る。

「最初の相手のゴールキックで競り負けて簡単に前を向かれた。後ろはかなり数的有利だったのに、ボールを出した選手に誰も行けなくて、裏に出されるときにフリーだった。僕も(吉田)麻也もラインを下げて、対応は良かったと思うけど、僕のところでまずクリアできたと思うし、人数は足りていたので、GKが出るべきなのか、出ないべきなのか、という部分もある」

 2失点での敗戦となったが、「こういう結果の後なので、なんと言えばいいかわからないですけど、正直そんなに悪い感覚は持っていないです」と新システムの手応えもあったという。「2失点は崩されたというよりも、自分たちのミスが大きかった。もちろんそこは修正しなければいけないけど、そこまでやられる感覚はなかった。課題が多くある中でも、(3バックをやっていく)過程の中で、そんなに悪い感覚はないです。自分たちのオプションとして持つという意味ではもちろん手応えはあります。これまでやってきた4バックがベースとしてあると思うので、3バックでやっていても悪い感覚はないですね」

 2018 FIFAワールドカップ ロシアまで残り2試合。日本代表は6月8日にスイス代表と、同12日にパラグアイ代表とテストマッチを行う。「3バックで初めての公式戦だったので、もう一度しっかりと映像を見て振り返らなければいけないなと思います。本番まで2試合ありますし、メンバー発表後になるけど、みんながしっかりと共通認識をもって、どんどんやっていくことで合っていくと思います」と長谷部は本番に向けて新システムの構築に意気込んだ。

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
37pt
FC東京
28pt
川崎F
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
山口
38pt
大分
37pt
町田
35pt
Jリーグ順位をもっと見る
鹿児島
27pt
沼津
24pt
鳥取
24pt
Jリーグ順位をもっと見る