2018.05.29

劇的Vへの1点は“他人事”だった!?…宇佐美貴史「誰か1点獲ってくれ!と(笑)」

復活、リーグVの裏で何があったのか? 代表戦を前に宇佐美自身が語ってくれた [写真]=小林浩一
サッカー総合情報サイト

「2部とはいえタイトルなんでね。優勝の仕方も劇的でしたし、相当嬉しかった。本当に気持ちよくシーズンを終えることができました」。5月、宇佐美貴史は満足気な表情でシーズンを振り返った。プレーに変化をもたらした“意識改革”、リーグVを手繰り寄せた“まさかの一撃”……。確かな手応えと自信を胸に4年に一度の大舞台へ挑もうとしている。

心身を最高の状態に導いた“ある取り組み”「自分の中で相乗効果を作り出せた」

ウィンターブレイク中のある取り組みが宇佐美本来のキレを取り戻すきっかけに [写真]=Getty Images

「最初は苦しかった」――、宇佐美は2017-18シーズンの前半戦をそう振り返った。アウクスブルクに所属していた昨年8月、出場機会を求めブンデスリーガ2部のデュッセルドルフへ期限付き移籍を決断。しかし、デビュー戦となった第5節のウニオン・ベルリン戦でいきなりゴールを決めるも、スタメンを勝ち取ることはできず、先発と途中出場を繰り返す日々が続いた。ウィンターブレイクに入り、「このままじゃアカン!」と感じた宇佐美は、ある行動に出る。

「『コンディションをもっと上げないと』ってスイッチが切り替わった。休暇での取り組みと、休暇を終えて合宿に入ってからの積み上げが大きかったですね」

 ウィンターブレイクの間、栄養学の講師から食生活に関する講義を受けた。そこで得た知識を基に、食生活を改善しコンディション整備を図ると、すぐに効果は表れた。

「体が軽くなりました。食事の量は変えていないんですけど体重は2,3kgくらい落ちて。でも、体のキレとかシュートのパンチ力は落ちなかった。無駄なものがそぎ落とされたて、パフォーマンスも上がってきた。パフォーマンスが上がるとメンタル的なマインドも上がっていくので。自分の中で作りだせる相乗効果がありました」

 心身ともに充実したイメージは結果に直結した。ウィンターブレイク明けすぐは途中出場が続いたが、第23節からは4試合連続ゴールをマーク。スタメンの座をつかむと、宇佐美のパフォーマンスに呼応するかのように、デュッセルドルフは勝ち点を積み重ねた。第32節には1部昇格を決め、チームはリーグ優勝へと狙いを定めた。

「イメージした通りに体もついてきたし、自分自身で勢いを作り出せました。チームも結果が出て、目標を達成できるかも!という期待感がある中で、集中力を切らさずにプレーできました。全ての要素が噛み合った中で継続して良いパフォーマンが出せました」

頂上決戦で生まれた“らしくない”ゴールは「俺かい!って思った(笑)」

宇佐美が「まさかでした」と振り返った1点が劇的な展開への足掛かりとなる [写真]=Getty Images

 良いイメージと、それが導くハイパフォーマンスはリーグ終盤まで続いた。リーグ2位のデュッセルドルフは最終節、首位ニュルンベルクとのアウェイゲームに挑んだ。両チームは勝ち点で並んでいたため、勝てばリーグ優勝が決まる頂上決戦だった。しかしこの試合、デュッセルドルフは前半のうちに2失点を喫してしまう。ビハインドを背負ったとき、宇佐美はチームメイトに得点を求めたと話す。

「1点は絶対に必要だと思ったんですよ。前半のうちに『誰か1点獲ってくれ!』と思っていましたね。『どうやって1点獲ろうか?』と。元気くん(原口元気)のチャンスがあったけど、その後はなかなか得点の匂いがする状況ではなかった」

 苦しい展開が続く中、意外な形からその1点は生まれた。37分、左からのクロスに宇佐美がヘディングで合わせると、これがゴールに吸い込まれデュッセルドルフは1点を返した。宇佐美らしからぬ打点の高いヘディングでのゴールは本人も予想外だった。

「まさかでしたよね。俺かい!って(笑) あの瞬間は感じたというか、『あっ』と思った。見えたというか、ちょうど自分が入っていく先がDFの間で『ここに(ボール)来れば決めるよ!』って。そしたら来てしまったという感じで、あとは正確にコースにヘディングで流し込みました」

 それでも、“まさかの1点”はチームに勢いをもたらした。デュッセルドルフは59分に同点に追いつくと、アディショナルタイムには逆転ゴールを奪い、3-2で勝利。劇的すぎる展開でリーグ優勝を獲得した。

「0-2から逆転で3-2にして、試合の内容も嬉しかったし、ファンの方たちも街を上げて喜んでいる姿を見て『優勝して良かったな』と強く思いました」

 最終節の得点を含め、リーグ戦では8ゴールを記録。持ち前のドリブルとシュート力、そして、自分を変えるための取り組みも実を結び、多くのスーパーゴールを決めた。何よりも、躍動感あふれるプレーと楽しそうにプレーする姿こそが、その充実ぶりを物語っていた。

「スタートラインにやっと立った」“世界”への挑戦へあと一歩のところまで

次は「やっと立てた」スタートラインからロシアW杯を目指す [写真]=小林浩一

 充実のシーズンを終え、良いイメージを胸に、日本代表としての戦いに挑もうとしている。18日に発表された27名の日本代表メンバー入りを果たした。30日のキリンチャレンジカップ2018(ガーナ戦)を経て、31日に発表される2018 FIFAワールドカップ ロシアの最終メンバーに入れば、いよいよ“世界”への挑戦権を手にする。幼少期から目標としてきた夢舞台へあと一歩――、それでも、宇佐美に油断や慢心は一切ない。

「驚くほど、嬉しさや喜びは感じないですね。むしろ『ここからだ』と。スタートラインにやっと立てた感じですよね。生き残りに向けて、4枠落とされるわけだから。そこの現実はしっかり見極めていますし、自分が落とされないように合宿でどういうプレーをするかが大事になるので、より気が引き締まっていますね」

インタビュー・文=加藤聡
写真=小林浩一、ゲッティイメージズ
取材協力=アディダスジャパン

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る