2018.04.12

西野新監督、選手選考に言及…目指すは「最高の科学反応が起こるチーム」

日本代表
ロシアW杯に臨む日本代表 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 西野朗新監督の就任記者会見が行われ、日本代表が目指すスタイルについてコメントした。

 ヴァイッド・ハリルホジッチ前監督は「縦へ早い攻撃」や「デュエル」を選手たちに求めていた。西野監督は「間違いなく日本サッカーにとって必要なこと」と認めつつ、世界の強豪国の高い個の能力やフィジカルを考慮し「別の角度から対応していく」ことを明言。「技術力を最大限に生かしたり、規律や組織的なところで結束して戦っていく」ことがベースになると語った。

 日本代表のメンバー選考については、ハリルホジッチ前監督と同様「現状のコンディションはしっかりと把握しなければいけない」とコメント。「ここ1カ月ほどのコンディションを正確に見極めた上で、最高の科学反応が起こるチーム。いいパフォーマンスが出る状況。コーチングスタッフの総力を結集して選手を選考していきたい」と意気込んだ。

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る