2018.03.24

セルジオ越後氏、日本代表の戦いに落胆「何もない試合。変化なく、表情もない」

マリ戦で先発した日本代表メンバー [写真]=Getty Images
日本サッカー界のご意見番。

 日本代表は23日、2018 FIFAワールドカップ ロシアを見越し“仮想セネガル”のマリ代表と対戦。後半アディショナルタイムに中島翔哉が代表初ゴールとなる同点弾を奪い、かろうじてドローに持ち込んだものの、結果・内容ともに課題を残す試合となった。

 試合後、サッカー解説者のセルジオ越後氏に話を聞き、振り返ってもらった。

「立ち上がりの15分くらいは相手のバックラインが不安定だったことなどもあって形を作ったが、以降は中身も何もない試合をしてしまったね。ここから這い上がる、W杯に出るための23人に残る、ということを示した選手は誰もいなかった。ユニフォームを真上に投げて、それを掴んだ人間をW杯に連れて行くという選び方をしても大きく変わらないような結果だ」

「選手やベンチを見ても、例えば楽しんでいる、激しい感情を見せているというような表情がない。試合も変化がなく、ダラダラと過ごしてしまった印象だ。マリはチームとして不完全だったが、単独で急な仕掛けをしてくるといった、何かを示そうとするプレーを見せていたよ」

「観客席がガラガラだったことが現実。国内で試合をすれば人気があるように錯覚するかもしれないが、実際にお客を呼べるような選手が日本にはいないわけだ。W杯にはすでにそういったステータスを持った選手を抱えているチームが出てくる。日本は認められていないという状況を、代表戦だけを見に行くような人たちも含め、誰もが認識をしないといけない」

「選手層の薄さも改めて浮き彫りになった。大迫はいつ化ける?ポストプレーだけでは世界を相手にはできない。大迫がポストプレーをしても、そのボールを受ける選手は?チームとしての戦い方も見えなかった。緊急事態ととらえ、監督を交代するということも考えないといけないのではないか。そういった劇薬を考えないといけないような状況だよ。ウクライナ戦は少しでも明るい材料を見せてほしいね」

Jリーグ順位表

川崎F
57pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
46pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
69pt
町田
68pt
大分
66pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
56pt
鹿児島
45pt
沼津
44pt
Jリーグ順位をもっと見る