FOLLOW US

「今日は正直過ぎましたね」…長友佑都は“対応力”の必要性を強調

マリ戦に先発フル出場した長友佑都 [写真]=Getty Images

 日本代表は23日、2018 FIFAワールドカップ ロシアを見据え“仮想セネガル”のマリ代表と対戦。前半にPKで失点したが、後半アディショナルタイムに代表デビューを飾った中島翔哉がゴールネットを揺らし、土壇場でドローに持ち込んだ。

 立ち上がりこそ宇佐美貴史や久保裕也が積極的にシュートまで持ち込み試合を優勢に進めたが、その後は攻めあぐねる展開が続いた。左サイドバックのポジションで先発フル出場した長友佑都は、各々が定位置を意識し過ぎるが故に「単調になり過ぎた」と分析する。

「サイドバックが高い位置を取って引き付けて、そこにボランチが入ったり。前半だったら宇佐美を中に入れて、高い位置で数的優位を作るとか。そういった工夫、ちょっとしたポジションチェンジで変わってくるとは思います。今日は正直過ぎましたね」

 長友は「経験のある選手を中心に、もっとピッチ内で話すことがあったと思う」と反省を述べ、「積み重ねてきた経験をどうプレーに生かしていくのかを考えないといけない」と次戦以降に向けた修正点を挙げた。

 ワールドカップ本番まで残り約3カ月。「修正できなければ厳しいですね。(ワールドカップでは)相手のレベルも違いますし。今日も含めて課題は話し合いたい」と語った。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO