2017.12.10

「これがラストチャンス」…90分で自信を掴んだ谷口彰悟「次はもっとうまくできる」

谷口
久々の日本代表で先発出場した谷口 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 約2年ぶりに日本代表としてピッチに立ち、DF谷口彰悟(川崎フロンターレ)は朝鮮民主主義人民共和国代表を相手にし、1-0の完封勝利に貢献した。

「(内容は)正直そんなに良くはなかったです。(GK中村)航輔に助けられたことが多々ありました。そこは反省したいですし、周りともっとコミュニケーションが必要だと思う。次にチャンスをもらえたら今回よりもっといいプレーができると思います」

 来年に控えるFIFAワールドカップロシア大会に出場するためには、数少ないチャンスをものにする必要がある。それだけに前半の「探り探りな部分」や、「周りに合わせる部分」は勿体無かったかもしれない。「味方の意思疎通が完全ではなく、バタバタしてしまいました」と語るように、最初の45分は相手に攻め込まれる部分が出てしまった。それでも、「比較的に落ち着いてボールを回せた。ハーフタイムで話せたことを実行できたので、ゴールという結果を出せたと思います」と、後半の出来には一定の評価を下した。いい形は多くなかったが、勝ち切れた部分は大きいと見ている。

 しかし、勝利だけを追い求めているだけではない。「監督と選手含めて、誰一人満足していない。終わった後に、もっといい試合をしようって監督からも言われました」

 谷口は「デュエル」の部分が「まだまだ」だと自覚し、改善を求めている。しかしそれ以外の部分では手応えを得たようだ。「昨日みたいに相手のプレスが激しいとき、僕たちセンターバックからゲームを作っていきたい。自分はその部分でも特徴を出せると思うので、積極的にいきたいです。周りに合わせつつ、自分も味方の動きを見てあげたい。昨日の試合で自信を掴めたので、そこでも勝負していきたい」

 川崎で順風満帆なシーズンを過ごした谷口は、「これがラストチャンス」と自分に言い聞かせ、12日に行われる中国戦に向けて闘志を燃やしている。

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
37pt
FC東京
28pt
川崎F
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
大分
31pt
山口
28pt
横浜FC
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
鹿児島
20pt
沼津
20pt
C大23
19pt
Jリーグ順位をもっと見る