2017.12.10

「アピールにならない」先発出場もノーゴールの倉田が“結果”を渇望

倉田秋
倉田秋 [写真]=三浦彩乃
サッカー総合情報サイト

 FW倉田秋(ガンバ大阪)が「結果を出さないとアピールにならない」と来夏に行われるロシアワールドカップに向けた日本代表での生き残りに意気込む。

 EAFF E-1サッカー選手権の初戦から一夜開けた10日、日本代表は味の素スタジアムでトレーニングを行う。

 練習前の取材に応じた倉田は、昨夜の朝鮮民主主義人民共和国代表との一戦について語った。

「代表の試合は目に見える結果を出さないとアピールにならないと思ってる。結果も1-0で最後ギリギリだったのでよくはなかった」

 同試合では3トップの左翼を担った倉田。普段はセンターFWとしてプレーすることが多い同選手は「いつもやってる真ん中じゃなくて、はじめて3トップをやりましたけど、中に行っちゃうと人が多くなると思って、バランス見ながらやっていた」と探りながらプレーしていたことを明かした。

 また、チームの攻撃面については「相手のブロックはけっこうしっかりしていて、スペースがあまりなかった。一戦目ということでリスクかけずにアンパイなところを通すパスが多かったと今思えばある。横パスとか、ダイレクトプレーとか、一発出せば決定機につながるパスっていうのをもっと狙っていく必要があったと思う」と振り返った。

 内容をよくするために必要なことについては「相手のほうが効果的な攻撃、一番自分らがイヤな所をついて決定機つくっていたので、そういう一瞬のスキをつくようなプレーをもっとやっていこうと思う」と同試合を次に活かす姿勢を見せ、「代表は急造チームだから」といった理由には「言い訳にならない。練習も今回しっかりできてるし、その中でしっかり結果を残すのが代表だと思う」と言及した。

 あと2戦については「最善の準備をしておきます」と語り、代表での生き残りを懸け最後に次のように述べた。

「23人代表の枠があるなかで1つのポジションだけでなく、2つできるということで、2つのポジションでも使えるか、を(ハリル・ホジッチ監督に)試された試合だったのかなと思う。自分は全く安泰と思ってない。誰も安心はしてないと思う。ここで結果を残したやつが生き残っていく。この大会で結果を残したい」

Jリーグ順位表

川崎F
57pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
46pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
69pt
大分
66pt
町田
65pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
56pt
鹿児島
45pt
沼津
44pt
Jリーグ順位をもっと見る