2017.12.02

日本代表、W杯初戦は前回敗戦のコロンビアと…GS移動距離は2400キロ

日本代表
日本は6大会連続6回目のW杯に臨む [写真]=VI Images via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 2018 FIFAワールドカップ ロシアの組み合わせ抽選会が12月1日に行われ、日本代表の対戦相手が決まった。

 日本はグループHに入り、ポーランド、セネガル、コロンビアと同組になった。最新のFIFAランキングでは日本が55位で、ポーランドが7位、セネガルは23位、コロンビアは13位となった。

 また、試合の日程と会場も確定し、6月19日にサランクスでコロンビアと初戦を迎えることが決定。同24日に行われる第2戦はエカテリンブルクでセネガルと対戦し、同28日の第3節はヴォルゴグラードでポーランドと激突する。なお、初戦のサランクスから第2戦のエカテリンブルクからは直線距離で約1000キロ、エカテリンブルクから第3戦のヴォルゴグラードは約1400キロ離れており、グループリーグでは約2400キロの移動となる。

 第1戦のコロンビアはMFハメス・ロドリゲス(バイエルン)やFWラダメル・ファルカオ(モナコ)らを擁し、熾烈な南米予選を7勝6分5敗の4位で突破。過去最高成績のベスト8入りを果たしたブラジル大会に続いて、2大会連続6回目の出場となった。日本は2大会連続でコロンビアと同組となり、前回大会は1-4の敗戦を喫していた。

 セネガルはアフリカ予選で南アフリカ、ブルキナファソ、カーボベルデを抑え、無敗でグループを突破し、4大会ぶり2回目の出場。初出場の日韓ワールドカップではベスト8入りを果たしていた。注目選手にはリヴァプールのFWサディオ・マネやナポリのDFカリドゥ・クリバリなどがいる。

 エースのFWロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン)ら擁するポーランドは、デンマークやモンテネグロらと同組の欧州予選を8勝1分1敗で首位突破し、3大会ぶり8回目の出場を決めた。過去最高成績は3位。

■日本代表のグループステージ日程(カッコ内は会場/日本時間のキックオフ時間)
▼第1節
コロンビア vs  日本(モルドヴィア・アリーナ/19日21:00)※試合時間変更

▼第2節
日本 vs セネガル(エカテリンブルク・アリーナ/24日24:00=25日午前0時)

▼第3節
日本 vs ポーランド(ヴォルゴグラード・アリーナ/28日23:00)

※試合時間変更に伴い、一部修正しています。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
34pt
レスター
26pt
チェルシー
26pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
25pt
ライプツィヒ
21pt
バイエルン
21pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
25pt
レアル・マドリード
25pt
アトレティコ・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
32pt
インテル
31pt
ラツィオ
24pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング