2017.11.13

代表デビューか…主力組入りのMF長澤和輝「持っているものを出すしかない」

長澤和輝
長澤和輝は紅白戦で主力組入り。ベルギー戦での先発デビューに期待が高まる [写真]=新井賢一
Kota Minato

 初招集のFM長澤和輝が主力組に入った。日本代表は12日、ベルギーに移動して初練習を実施。長澤は紅白戦で主力組の右インサイドハーフでプレーし、14日に行われるベルギー代表戦での先発デビューを予感させた。

「初選出ですし、アピールするしかない」。ロシア・ワールドカップまで試合数が少ない中、長澤は自身の持ち味を発揮してアピールを狙う。

「監督が求める守備の部分や攻撃に切り替わったときに積極的に自分の持っているものをシンプルに出すしかない。前を向いてボールを持ち運んで、チャンスメイクやゴールにつながるプレーがやれればいい。もちろん、チームのためにプレーするのが最優先だけど、それが個人のアピールにつながればいいかなと思う」

 しかし、初招集ということで「なかなかうまくいかない部分もある」と長澤はいう。紅白戦で主力組は、控え組で構成された3-4-3の“仮想ベルギー”と対戦したが、アンカーのMF山口蛍は、インサイドハーフの長澤とMF井手口陽介を含む中盤3人のプレスについて「あんまりハマらなかった」とコメント。同じく主力組のDF吉田麻也も「中盤が悪いと言うより、ハメ方がはっきりしていなくて、どこでハメるか、どう相手にボールを持たせるか、どういう守備をするかが明確になっていなかった」と指摘した。

 試合まで時間がない中で、改善の鍵はコミュニケーションだろう。吉田は「監督と話さないとあまりにも不透明な部分が多い。強い相手に対して、うやむやな状態で戦っても絶対勝てない」と続け、長澤も「選手同士で話し合って改善しようとしている」と明かし、2日後の試合までにすり合わせていくようだ。

 対戦相手のベルギーについて長澤は「プレミアリーグやトップリーグで活躍している選手が多くいる。能力ある世界トップレベルのチーム。体もデカくてスピードもある」と警戒しているが、それでも対戦は「楽しみ」だという。ケルン時代に対戦した経験のあるMFケヴィン・デ・ブライネ(現マンチェスター・C)の存在もその要因だろう。「中盤のデ・ブライネとは、ヴォルフスブルクのときに試合したこともある。そのときとは違うと思いますけど」と再戦を心待ちにしている。先発デビューを勝ち取れば、ドイツでの経験も生かしつつ、アピールしたいところだ。

Jリーグ順位表

川崎F
63pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
76pt
大分
75pt
町田
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
63pt
鹿児島
51pt
沼津
48pt
Jリーグ順位をもっと見る