2017.11.10

「世界トップ」との一戦で求められる要素とは? 遠藤航「守備だけでなく…」

遠藤航
ブラジル戦を翌日に控え、トレーニングを行った遠藤航
サッカー総合情報サイト

 ブラジル代表戦を翌日に控え、MF遠藤航(浦和レッズ)は中盤の選手に求められることとして「守備」だけではなく「攻撃でも存在感を発揮すること」を挙げた。

 相手は世界屈指の強豪で、日本は押し込まれる時間が多くなると予想される。遠藤は自身の役割として「やっぱりまずは守備」と述べつつ、その中で「どれだけ攻撃に貢献できるか」が重要だと話した。

「守備でしっかりブロックを敷いてハードワークをした中で、どれだけ攻撃にも貢献できるか。中盤はそれがすごく大事になってくる部分です。消耗はするとは思いますけど、そういう時に前に出ていける力は求められるし、やっぱり世界のトップの選手はやっている。守備プラス、攻撃でも存在感を発揮する選手はすごく重宝される傾向にあるのかなと思います」

 また、リオ五輪直前の親善試合でFWネイマールやFWガブリエル・ジェズスと対戦した経験のある遠藤は、「勢いに乗せると止められない」と認め、コミュニケーションを取りながら対応する必要があると述べた。

「みんな速いです、基本的に。ボールを持った状態でもそこまでスピードが落ちない。勢いに乗せると止められない状態を作られる可能性はあるので、サイドバックがどこまでついていくのか、インサイドでプレーしたところに対して中盤を絡めるのか、ついていくのかっていうのはすごく大事だと思います」

 AFCチャンピオンズリーグでの高パフォーマンスなどを評価され、前回のキリンチャレンジカップに引き続き招集を受けた遠藤。「それはシンプルに嬉しいです」と率直な気持ちを明かし、「本当に楽しみ」だというブラジル戦へ向けた意気込みを語った。

「チャンスがあれば自分の力を100パーセント出すだけです。どれだけやれるかというよりは、チームとして自分がいかにいいパフォーマンスを出せるのか、というところにフォーカスしています。100パーセントを出してどうなるのか、楽しみです」

Jリーグ順位表

川崎F
63pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
63pt
鹿児島
54pt
群馬
51pt
Jリーグ順位をもっと見る