FOLLOW US

主将持ち回り制のブラジル代表、ウィリアンが日本戦で“14人目”の主将へ

日本戦でキャプテンを務めるウィリアン [写真]=Getty Images

 ブラジル代表MFウィリアンが、10日の日本代表戦でキャプテンマークを巻く見込みとなった。ブラジルメディア『グローボ』が伝えている。

 ブラジル代表を率いるチッチ監督は昨年6月の就任以降、代表チームの責任感をより理解してもらうため、キャプテンをローテーションで回す制度を導入。就任から15試合で13人の選手たちがキャプテンマークを巻いてきた。ウィリアンは負傷中のフィリペ・コウチーニョに代わって、右FWのポジションでの先発が濃厚。なお、今回が初のキャプテンとなる。

 チッチ監督の就任以降、キャプテンを務めた選手は以下の通り。

vs エクアドル代表:ミランダ
vs コロンビア代表:ダニエウ・アウヴェス
vs ボリビア代表:レナト・アウグスト
vs ベネズエラ代表:フェリペ・ルイス
vs アルゼンチン代表:ダニエウ・アウヴェス
vs ペルー代表:フェルナンジーニョ
vs コロンビア代表:ロビーニョ
vs ウルグアイ代表:ミランダ
vs パラグアイ代表:ネイマール
vs アルゼンチン代表:チアゴ・シウヴァ
vs オーストラリア代表:フィリペ・コウチーニョ
vs エクアドル代表:マルセロ
vs コロンビア代表:パウリーニョ
vs ボリビア代表:カゼミーロ
vs チリ代表:マルキーニョス

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO