2017.08.30

2度目の代表招集となる三浦、オーストラリア戦は「責任感のある大事な試合」

日本代表DFの三浦弦太
自身2度目の代表招集となった三浦弦太 [写真]=新井賢一
サッカー総合情報サイト

 8月31日に日本代表は、2018 FIFAワールドカップ ロシア アジア最終予選・オーストラリア代表戦に挑む。

 「代表の空気には慣れてきました」と語るのは、前回に続き自身2度目の代表招集となった三浦弦太(ガンバ大阪)だ。三浦は2度の代表招集を経て「代表に来て自分の良さは通じる」ことが分かったという。自分のストロングポイントについては「対人プレーやフィードは自分の武器。そのような部分を代表で出していけたら良い」とコメントした。

 前回の招集で三浦は「守備的な部分でまだまだ改善点がある」と感じたようだ。「フィジカル的な面は普段ガンバでプレーするときも意識していた」と語るように、見つかった自分の課題については普段のJリーグで頭に入れてプレーしているという。

 最後に三浦は「代表の試合は責任感があるものだし、今回は更に大事な試合。そういった空気を味わいながら、自分らしくやれたら良い」と翌日に迫った大一番のオーストラリア代表戦に向けて意気込みを語った。

Jリーグ順位表

川崎F
72pt
鹿島アントラーズ
72pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
61pt
栃木
60pt
沼津
59pt
Jリーグ順位をもっと見る