2017.07.22

ろう者サッカー日本代表、2点差を追いつきアルゼンチンとドロー

途中出場の西大輔がPKを決めて同点に追いついた
サッカー総合情報サイト

「第23回デフリンピック夏季大会」に出場しているろう者サッカー男子日本代表は21日、予選リーグ2戦目でアルゼンチンと対戦した。

 開幕戦で大会初勝利を手にした日本だったが、一瞬の隙をつかれて立て続けに2失点。前半は好機を見いだせないまま、0-2で折り返した。

 後半、2点を追う日本が反撃に出る。センターサークル付近でボールを奪うと、中島正行、東海林直広、古島啓太、吉野勇樹とパスがつながる。吉野がドリブルで持ち込み、DF1人かわして左足で決めて1点差に迫る。

 さらに、途中出場の西大輔がドリブルで仕掛けると、パスを受けた古島が倒されてPKを獲得。同点の好機を西が落ち着いて決めて、スコアは2-2に。最後まで逆転ゴールを狙い果敢に攻めた日本だったが、勝ち点1を分け合う結果となった。

 グループ最終戦、日本はイタリアに引き分け以上で予選突破が決まる。

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
49pt
川崎F
40pt
FC東京
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
56pt
大分
50pt
町田
50pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
30pt
Jリーグ順位をもっと見る