2017.06.19

大迫が語ったエースとしての自覚…「『僕がやらなきゃ』という思いは強い」

アシックスのイベントに登場した大迫勇也が来シーズンの目標、W杯出場を懸けたオーストラリア戦への思いを語った
サッカー総合情報サイト

 18日、ケルンに所属する日本代表FW大迫勇也が、都内で開催されたアシックス主催イベント「ドリームCUP」に登場した。この日は生憎の雨天に見舞われるも、大迫は一般公募から選ばれた参加者とのミニゲームに参加。さらに、トークショーを行うなど、約2時間のイベントを楽しんだ。

 イベント終了後、メディアの囲み取材に応じた大迫は、ケルン移籍4年目となる来シーズン、W杯出場を懸けたオーストラリア戦への思いを口にした。

 先月のブンデスリーガ最終節では、自身の1ゴール1アシストの活躍でチームの勝利に貢献。リーグ5位に滑り込み、来シーズンのヨーロッパリーグ出場権を獲得した。来シーズンの目標について聞かれると、「(来シーズンは)試合数が増えるので、大変なシーズンになると思いますけど、今年以上の結果を残したい。得点は2桁獲って、アシストはそのままで」と飛躍を誓った。

 一方、日本代表では負けられない戦いが続いている。13日にイランで行われたイラク戦(2018 FIFAワールドカップロシア アジア最終予選)では、大迫が最終予選初ゴールを挙げるも、チームは1-1のドロー。この結果、日本はグループ首位をキープするも、勝ち点1差に3チームがひしめく混戦模様を呈している。最終予選は残り2試合、次戦はグループ最大のライバル、オーストラリアとの一戦が控えている。それでも、大迫はこの状況も「楽しめている」と語った。

「もちろんプレッシャーはありますね。僕らの1プレーでW杯に行けるかが決まるので。でも、プレッシャーとの向き合い方を今は楽しめている。だから、良いモチベーションで試合に臨めていますね」

 ドイツでの活躍が認められ今では代表の前線に定着。攻撃陣を牽引する存在として期待は日に日に高まるばかりだ。

「今までは周りの選手に引っ張ってもらってた。今は試合に対する責任感というか、『僕がやらなきゃ』という思いは強くなっている」と日々強くなる思いを口にした。

 日本代表は次節、8月31日にホーム埼玉スタジアムでオーストラリア代表と対戦。勝てば6大会連続のW杯出場が決定する。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
16pt
マンチェスター・U
16pt
チェルシー
13pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
16pt
ホッフェンハイム
14pt
バイエルン
13pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アトレティコ・マドリード
14pt
セビージャ
13pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
18pt
ユヴェントス
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る