2017.06.14

満身創痍の状態で走り抜けた久保、敵地での勝ち点1に「ポジティブに捉えたい」

先発フル出場を果たした久保(左から2番目)[写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 2018 FIFAワールドカップロシア アジア最終予選が13日に行われ、イラク代表と日本代表が対戦した。

 開始早々の8分に大迫勇也の得点で幸先良く先制した日本だったが、後半に入り72分に失点を喫し、試合は1-1のドローに終わった。

 試合後、先発フル出場を果たした久保裕也がインタビューに応えている。  

 久保は「個人的にはあまりいいプレーができなかったですけど、アウェイで勝ち点1を取れたので、ポジティブに捉えたいと思います」とコメント。後半は足を攣りながらも、最後まで走り続けたことに関して「チームのために迷惑はかけられないなと思って。やり切れて良かったです」と振り返った。

 次節、ホームで行われるオーストラリア代表との一戦に勝利すればW杯出場が決定する。久保は「また僕はチームで結果を出せるように準備して、選ばれたらしっかりと貢献したいと思います」と所属クラブでの活躍を誓った。

Jリーグ順位表

川崎F
72pt
鹿島アントラーズ
72pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
61pt
栃木
60pt
沼津
59pt
Jリーグ順位をもっと見る