2017.06.13

「2点目を取れる意識がなかった」…先制弾の大迫、ドローを悔やむ

大迫勇也
先制ゴールを挙げた大迫勇也 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 2018 FIFAワールドカップロシア アジア最終予選が13日に行われ、イラク代表と日本代表が対戦した。

 試合は立ち上がりの8分、CKから大迫勇也が先制点を挙げたが、後半に入り72分に失点を喫し、試合は1-1のドローに終わった。

 試合後、先制点を決めた大迫勇也がインタビューに応じている。

 追い付かれてのドローに「悔しいです」と大迫。得点シーンについては「いいボールが来たんで、当てれば入るかなと思った」と振り返った。

 敵地・テヘランでの一戦は気温40度近い中で行われ、足を攣る選手も出たが、コンディション面では「言い訳はできない」と語り、「ただ僕らの課題が出た試合だったと思うし、1点取った後にチームの重心が下がってしまったことが課題だと思う。あそこで2点目を取れる意識がなかったんで、そこはすごく残念でした」と続けた。

 勝ち点1を上積みした日本は、次節のオーストラリア代表との一戦で勝利すればW杯出場権を手に入れる。次戦に向けては「勝つしかないんで。次はホームでできますし、本当に次こそが大一番かなと思います」と意気込んだ。
 

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
49pt
C大阪
45pt
川崎F
45pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
60pt
福岡
55pt
名古屋
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
37pt
沼津
35pt
富山
35pt
Jリーグ順位をもっと見る