2017.05.30

MF堂安律、無念のベスト16敗退に「こんなあっけなく終わるんだな」

堂安律
攻撃をけん引した堂安(左)。ベネズエラ戦では無得点に終わった [写真]=佐藤博之
サッカー総合情報サイト

 MF堂安律(ガンバ大阪)は悔しさをにじませた。30日、FIFA U-20ワールドカップ韓国2017の決勝トーナメント1回戦で日本はベネズエラと対戦。延長戦の末に0-1で敗れた。

「立ち上がりも良かったですし、プラン通りに進めることができた。あとは攻撃陣の得点だけだったので、自分の責任かなと思います」

 前半29分にはFKから直接ゴールを狙ったが、惜しくもクロスバーをたたいた。得意のドリブルから攻撃のチャンスを作る場面もあったが、最後までゴールネットを揺らすことができなかった。

 堂安自身は今大会4試合で3ゴールを記録。世界の強豪を相手に「ゴールを取れたことは大きい」と手応えを得た一方で、「最後の1本の質」が勝負を左右すると痛感した。ここまで無失点で勝ち上がってきたベネズエラの守備を最後まで崩せなかった。

「今日はFKもあったし、後半は崩してシュートを打ったシーンもあった。あそこで決めきる選手が、『あいつ、やっぱり決めるな』と思われる選手だと思う。(結果を)続けていくことに意味がある」

 敗戦の悔しさから口数が少なかった。「こんなあっけなく終わるんだなという。あんまり負けた感じがしないというか。そういう感じですね」と、無念の敗退に肩を落とした。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
63pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
63pt
鹿児島
54pt
群馬
51pt
Jリーグ順位をもっと見る