2017.05.14

U20代表のムードを高める“面白いヤツ”、DF初瀬亮が自覚する役割とは

初瀬亮
U-20日本代表のDF初瀬亮、左右両サイドのサイドバックをこなすことができる [写真]=三浦彩乃
サッカーキング編集部

 U-20日本代表のDF初瀬亮(ガンバ大阪)は、ムードメーカーとしても欠かせぬ存在だ。関西弁とその明るい性格でチームを盛り上げている。

 初瀬がチームの雰囲気を意識するようになったのは、昨年10月のU-20ワールドカップ アジア最終予選(AFC U-19選手権)の時だった。代表チームの宿舎には選手が一堂に集まることができる「リラックスルーム」があり、対戦国の試合映像だけではなく、卓球台や簡単なゲームなどが置いてあることが多いが、初瀬は「それまではあんまり行かなかった」と振り返る。

「もし突破できなかったら……という緊張が大きかった」という最終予選でチームが勝ち進むにつれ、初瀬はチームワークの重要性を実感していく。選手全員でリラックスルームに集まり、「どうしていこう」と自主的に話し合ったこともあったという。「そういうコミュニケーションがあったから優勝できたと言っても過言ではないと思う」。代表に呼ばれた当初は自分の部屋にこもりがちだった初瀬が、リラックスルームへと顔を出すようになった。

 今回の合宿中も最年少の久保建英(FC東京U-18)に話しかけたり、誰よりも声を出してチームを鼓舞したりと、プレー以外でも存在感を発揮している。意外にもリラックスルームで卓球合戦が始まると「外から見ている」ことが多いそうだが、ピッチ内外でチームのムード作りにひと役買っているのは間違いない。

初瀬亮

半パンをめくり上げるのは癖だと言う初瀬(左)[写真]=三浦彩乃

 練習を見ていて印象的だったのは、初瀬がチーム内で自分の果たす役割を自覚しているということだ。そして、彼自身がムードメーカーであることを「当然意識しています」とさらりと言うものだから感心する。

「最終予選で感じたのはチームワークが本当に大事だということ。試合に出られない選手も、出る選手もチームのためにやることが一番大事。その1つとして、チームを盛り上げることも大事だと思っています。だから最終予選から続けていることをW杯でも続けようと、ここに来る前から考えていました」

 茶目っ気たっぷりな19歳だが、誰よりもチームを一番に考え、立ち居振る舞いに気を配っている。ことプレーに関しては真面目。約1週間後に迫ったU-20W杯に向けてはこんな言葉を口にする。

「W杯は挑戦しかない。いい意味で吹っ切ってできると思います。もうやるしかない。守って、守って、カウンター1本で決めても勝ちは勝ち。そういうサッカーも大事だと思います。『全然サッカーできていないじゃん』と言われたとしても、結果を出せばいいこと。まずは勝利を目指して戦います」

 初瀬の存在はメンバーを奮起させ、組織を活性化させる。U-20日本代表は決戦の地・韓国へ最高のムードで乗り込む。

取材・文=高尾太恵子

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
49pt
マンチェスター・U
38pt
チェルシー
35pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
38pt
シャルケ
29pt
ライプツィヒ
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
72pt
鹿島アントラーズ
72pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
61pt
栃木
60pt
沼津
59pt
Jリーグ順位をもっと見る