2017.05.12

エースの責務、果たした小川航基…“敵将”名波浩から試合後にかけられた言葉とは

小川航基
磐田を相手に得点を挙げた小川航基 [写真]=三浦彩乃
サッカー総合情報サイト

 FIFA U-20ワールドカップ韓国2017を控えるU-20日本代表は12日、ヤマハスタジアムでジュビロ磐田との30分×2本のトレーニングマッチを行った。

 1本目は小川航基(ジュビロ磐田)の決勝点で、U-20日本代表が1-0で完封勝利。大きくメンバーを入れ替えた2本目はスコアレスドローに終わっている。

 試合後、1本目で決勝点をマークした小川がインタビューに応じている。

「自分の持ち味はゴール前で動きを止めないことだと思いますし、それが出たゴールだった」とゴールシーンを振り返り、2トップを組んだ久保建英(FC東京U-18)との連携面については「タケが落ちるタイプなんで、自分が早く抜け出して違った動きを意識した」ことを明かし、「手応えは間違いなくあります。けど、コミュニケーションを取れば、どんどん良くなると思う」とさらなる向上を目標に掲げた。

 このトレーニングマッチ中、小川は「不思議な感覚」に襲われたという。というのも、自らが所属する磐田との対戦だったからだ。試合後、この日ばかりは‟敵将”となった名波浩監督から「『よく詰めていた、素晴らしかった』と言われました」と称賛の声を掛けられた。その名波監督から、本大会では「1試合1得点以上、シュート5本以上」がタスクとして課されている。「それを聞いて『やってやろう』と思いましたし、毎試合2点、3点ぶち込みたいなと思います」と力強く宣言した。

磐田との対戦は「不思議な感覚」だったと明かした [写真]=三浦彩乃

 次戦は15日、U-20ホンジュラス代表との本大会前、最後のテストマッチに臨む。「そこが本当に大きな大きな最後の試合というか、そこで自分が結果を残すか、残せないか。チームの勝利というのが間違いなく一番大事になってきますし、その中で個人の結果がついてくると思っているので、しっかりとコミュニケーション取って、無駄にしない良い内容で、いい結果がついてくるように頑張りたいなと思います」と意気込んだ。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
52pt
マンチェスター・U
41pt
チェルシー
38pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
41pt
シャルケ
30pt
ドルトムント
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
42pt
アトレティコ・マドリード
36pt
バレンシア
34pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
42pt
ユヴェントス
41pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
72pt
鹿島アントラーズ
72pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
61pt
栃木
60pt
沼津
59pt
Jリーグ順位をもっと見る