2017.05.12

U-20日本代表が磐田と対戦…1本目は小川の決勝点で完封勝利、2本目はスコアレス

小川航基
1本目で決勝点を挙げた小川 [写真]=三浦彩乃
サッカー総合情報サイト

 FIFA U-20ワールドカップ韓国2017を控えるU-20日本代表は12日、ヤマハスタジアムでジュビロ磐田とのトレーニングマッチを行った。

 30分×2本という変則的なトレーニングマッチ。U-20日本代表はGK山口瑠伊(FCロリアン/フランス)、DFは右から藤谷壮(ヴィッセル神戸)、冨安健洋(アビスパ福岡)、中山雄太(柏レイソル)、初瀬亮(ガンバ大阪)の並び。市丸瑞希(ガンバ大阪)とトレーニングパートナーの伊藤洋輝(ジュビロ磐田U-18)がボランチに入り、中盤2列目に三好康児(川崎フロンターレ)と遠藤渓太(横浜F・マリノス)。2トップには小川航基(ジュビロ磐田)と久保建英(FC東京U-18)が起用された。

1本目に臨むU-20日本代表のメンバー [写真]=三浦彩乃

 互いに大きな決定機がないまま迎えた終了間際の24分、市丸のパスを久保がスルーし、走り込んだ伊藤につながる。伊藤のシュートは一度GK三浦龍輝に阻まれたが、こぼれ球を小川が詰めて先制に成功。1本目は1-0でU-20日本代表が勝利した。

【スコア】
U-20日本代表 1-0 ジュビロ磐田

【得点者】
1-0 24分 小川航基(U-20日本代表)

 U-20日本代表は2本目、市丸を除いた10選手が交代。GKは波多野豪(FC東京)DFは右からトレーニングパートナーの田中陸(柏レイソルU-18)、板倉滉(川崎フロンターレ)、トレーニングパートナーの橋岡大樹(浦和レッズユース)、船木翔(セレッソ大阪)。ボランチは1本目から引き続き出場の市丸と原輝綺(アルビレックス新潟)がコンビを組む。2列目右にキャプテンの坂井大将(大分トリニータ)、左に堂安律(ガンバ大阪)。2トップは岩崎悠人(京都サンガF.C.)と田川享介(サガン鳥栖)という11名で臨んだ。

 開始3分、磐田は針谷岳晃がクロスバー直撃のシュートを放つ。対するU-20日本代表も抜け出した岩崎がGKと1対1の状況となったが、シュートは惜しくもポストに阻まれた。その後、堂安と坂井がポジションを入れ替え、サイドを起点とした攻撃で得点を狙いに行くが、最後までゴールネットを揺らすことはできず、0-0のままタイムアップのホイッスル。2本目はスコアレスドローに終わった。

【スコア】
U-20日本代表 0-0 ジュビロ磐田

 U-20日本代表の次戦は15日、エコパスタジアムでU-20ホンジュラス代表との親善試合に臨む。

 

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
49pt
マンチェスター・U
38pt
チェルシー
35pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
38pt
シャルケ
29pt
ライプツィヒ
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
72pt
鹿島アントラーズ
72pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
61pt
栃木
60pt
沼津
59pt
Jリーグ順位をもっと見る