2017.03.24

攻守に奮闘した原口、5試合連続ゴールはならずも「勝ち点3が一番だった」

原口元気
UAE戦にフル出場を果たしたFW原口元気(左) [写真]=Anadolu Agency/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 日本代表は23日、2018 FIFAワールドカップ ロシア アジア最終予選第6戦、アウェイでUAE(アラブ首長国連邦)に2-0と勝利。試合後、同試合にフル出場した原口元気(ヘルタ・ベルリン)が試合を振り返った。

 試合は開始14分、酒井宏樹のスルーパスでエリア内右に抜け出した久保裕也が角度のない位置から右足でシュート。GKのニアサイドを抜けたボールがネットを揺らし、日本が先制に成功した。後半には今野泰幸にもゴールが飛び出し、日本が2-0と完封勝利。ワールドカップ・アジア最終予選の初戦ホームで敗れたUAEにリベンジを果たした。

 原口はゲームプランについて、「チームとしてはプラン通りというか、やはり左にはオマルがいるので、守備的にというのはミーティングでも言われていました。やはり(UAEは)右からいくことが多かったので、(日本は)右からいってクロスに合わせるというイメージでした」とコメント。UAEの司令塔オマル・アブドゥルラフマンを警戒していたと明かし、試合を振り返った。

「最初、少し戸惑いはありましたが、この2日間で選手同士、監督ともディスカッションしたし、そういう意味ではすごくうまく守れていたし、効率よく点が取れたと思います。佑都くんと、今野さんと3人でどれだけオマルを受け渡したりとか、サイドバックが上がってきた時にどうするかとか、何度も話し合ってやったので、ほとんどオマルを消せたと思います。アウェイだし、最初はとにかく守備からいこうと、失点しなければ必ず点は取れるというのはわかっていたので。(久保)裕也がうまく先制点を取ってくれたので、僕らとしてはすごくスムーズにゲームを運べました」

 自身、ワールドカップ・アジア最終予選5試合連続ゴールとはならなかった原口。攻撃面については「もっとやらないといけないし、僕自身、前半はすごくミスが多かったので、あそこで僕がもっと前半からクオリティの高いプレーをしていれば、左からも攻撃できていたと思います。後半にチャンスがありましたけど、ああいうところで一発で仕留めないといけなかったですね」と、反省点を口にした。

 試合終了間際には、エリア付近中央に抜け出した原口だったが、シュートではなくエリア内右でフリーになっていた岡崎慎司へのパスを選択。その場面を振り返り、「打てたかな(笑)。でも、(岡崎選手が)見えちゃったので。珍しいですけどね、パスを出すのは。自分の感覚として、あれが正しいと思ったので。点を取りたかったから打ってもよかったかなと思いますけど(笑)」とコメント。

 それでも、「本当に今日は勝ち点3を取ることが自分の中で一番のポイントだったので、それはしっかり守れたかなと思います」と、チームの勝利のためにプレーできたと胸を張った。

Jリーグ順位表

川崎F
72pt
鹿島アントラーズ
72pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
61pt
栃木
60pt
沼津
59pt
Jリーグ順位をもっと見る