2017.03.24

日本、敵地でUAEにリベンジ達成! 久保のA代表初ゴール&今野弾で完封勝利

サッカー総合情報サイト

 2018 FIFAワールドカップロシア アジア最終予選の第6戦が23日に行われ、日本代表は敵地でUAE(アラブ首長国連邦)代表と対戦した。

 いよいよ後半戦へ突入したアジア最終予選。日本は前半戦5試合を3勝1分け1敗の勝ち点10、W杯出場圏内の2位で折り返した。だが、第6戦を先に終えた首位・サウジアラビア代表が勝利を収めて勝ち点を13に伸ばし、3位オーストラリア代表は引き分けたものの同10とし、総得点で日本を上回った。そして4位UAEとの勝ち点差はわずかに「1」と、日本はこの試合の結果次第では4位転落のおそれもある。そしてなにより、UAEには昨年9月にホームで敗れているだけに、絶対に負けられない一戦となる。

 日本の先発メンバーはGK川島永嗣、DF長友佑都、森重真人、吉田麻也、酒井宏樹、MF山口蛍、今野泰幸、香川真司、FW原口元気、久保裕也、大迫勇也の11名が起用された。

 立ち上がりから攻勢に出た日本は7分、ペナルティエリア手前中央でパスを受けた大迫がワンタッチでDFをかわすと、右足でミドルシュートを放ったが、ここは枠の左へ逸れた。

 10分を過ぎるとUAEがボールを保持して押し込み始めたが、先制したのは日本だった。14分、右サイドの酒井宏がエリア内右にスルーパスを通すと、抜け出した久保がやや角度のない位置から右足でシュート。GKのニアサイドを抜けたボールがネットを揺らした。久保にとってはこれがA代表初ゴールとなった。

久保裕也

久保のシュートが決まり、日本が先制 [写真]=Getty Images

 1点のリードを得た日本だが、その後は押し込まれる時間が続く。20分、高い位置でボールを奪われると、スルーパスでエリア内右に抜け出したアリ・マブフートがGKと一対一となったが、GK川島が好セーブで凌いだ。

 前半アディショナルタイム2分にはUAEがエリア手前中央でFKを獲得。オマル・アブドゥルラフマンが得意の左足で狙ったが、枠の上に外れた。前半はこのまま1-0で折り返す。

 後半立ち上がりの48分、UAEは左サイドからアブドゥラジズ・サンクールが鋭いクロスを入れると、ファーサイドにイスマイル・アル・ハンマディがフリーで走り込んだが、うまくミートすることができなかった。

 するとピンチを凌いだ日本が追加点を奪う。51分、右サイドの久保が左足でクロスを供給。エリア内左に走り込んでいた今野が胸トラップでDFを振り切ると、最後はGKの股下を抜くシュートを決めた。

 3点目を狙う日本は60分、左サイドの長友からのクロスに大迫がヘディングで合わせたが、このシュートはGKの好セーブに阻まれた。

 日本は71分、香川に代えて倉田秋を投入。78分には久保との交代で本田圭佑をピッチへ送り出した。さらに82分、接触プレーで足を痛めた大迫に代えて岡崎慎司を投入した。

 88分、日本はカウンターから岡崎がエリア内右に抜け出したが、シュートは枠の左へ逸れてしまい、追加点のチャンスを逃した。それでもUAEに反撃を許すことはなく、試合はこのまま終了。日本が2-0で勝利を収め、リベンジを果たした。

 日本代表は28日にホームでタイ代表と対戦する。

【スコア】
UAE代表 0-2 日本代表

【得点者】
0-1 14分 久保裕也(日本)
0-2 51分 今野泰幸(日本)

Jリーグ順位表

川崎F
72pt
鹿島アントラーズ
72pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
61pt
栃木
60pt
沼津
59pt
Jリーグ順位をもっと見る