2017.03.16

UAEへのリベンジ誓うハリル…ホームでの敗戦は「思い出すと熱が…」

ハリルホジッチ
日本代表メンバー発表会見に臨んだハリルホジッチ監督
サッカー総合情報サイト

 日本サッカー協会(JFA)は16日、2018 FIFAワールドカップロシア アジア最終予選の2試合に臨む日本代表メンバー25名を発表した。ヴァイッド・ハリルホジッチ監督はメンバー発表会見で、23日に対戦するUAE(アラブ首長国連邦)代表戦に向けて強い思いを語った。

 日本代表はアジア最終予選5試合を終えて3勝1分け1敗、勝ち点「10」で2位となっている。昨年9月1日の第1節では、UAE代表に1-2と敗戦。ホームで黒星スタートとなった。以後4試合を3勝1分けで乗り切り、2位につけて最終予選の前半戦を終えた。

 昨年12月、2017年の年間スケジュール発表会見でもUAE代表戦での敗戦について言及していたハリルホジッチ監督は、今回の会見でもリベンジに向けた強い思いを明かした。同監督は「初戦は思い出すと熱が39度まで上がるが、内容は悪くなかった」と冗談を交えつつ、今も残る悔しさを強調。以下のように続けた。

「一昨日と昨日も(UAE代表戦を)見たが、良い試合だった。守備でも攻撃でも興味深い点があった試合だ。細かいミスが少しあったとは思うが、レフェリーの影響、受け入れがたい要素もあった。だからこそ、“リベンジしたい”と選手たちは感じている」

「自信と決断力を持ってリベンジを果たせば、それは快いものになる。難しい試合だが、勝てない試合ではない。様々なデュエルを仕掛けられると思うが、持ちこたえないといけない。自分、味方、チームに自信を持って、チームとして戦わないといけない。そうやって勝利を目指していきたい。相手には良い選手がいるが、このチームにも良い選手がいる」

 日本代表は23日にUAE代表と対戦した後、28日にはホーム・埼玉スタジアムでタイ代表と対戦する。グループBには両国のほか、サウジアラビア、オーストラリア、イラクが同居。グループ上位2カ国に入れば本大会への出場権獲得となる。

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
64pt
川崎F
62pt
横浜FM
55pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
80pt
福岡
68pt
長崎
68pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
55pt
沼津
50pt
秋田
49pt
Jリーグ順位をもっと見る