2017.03.09

FIFAランキング発表、日本は1つ上げて51位…アジア3番手は変わらず

3月9日発表のFIFAランキングで51位だった日本代表 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 FIFA(国際サッカー連盟)は9日、最新のFIFAランキングを発表した。

 日本は前回発表の順位から1つ上げ、アジア3番手の51位となった。アジア最高は前回と変わらずイラン、2番手は韓国だが、両国は1ランクずつダウンとなっている。アジア4番手のオーストラリア、5番手のサウジアラビアも1つずつ順位を落とした。

 なお、FIFAワールドカップ ロシア 2018 アジア最終予選、グループBの中では日本が首位。オーストラリア、サウジアラビアと続き、3月24日にアウェーで対戦するアラブ首長国連邦(UAE)が68位、イラクが122位、同月28日にホームで対戦するタイが127位となっている。

 上位10カ国の順位は変動はなく、アルゼンチンが12カ月連続で首位をキープ。スイスが11位、ウェールズとポーランドが12位と続き、イングランドが14位に転落した。イタリアは15位、オランダは21位となっている。

■ロシア・ワールドカップ アジア最終予選出場12カ国
▼グループA
33位 イラン
40位 韓国
63位 ウズベキスタン
84位 カタール
86位 中国
95位 シリア

▼グループB
51位 日本
55位 オーストラリア
57位 サウジアラビア
68位 アラブ首長国連邦(UAE)
122位 イラク
127位 タイ

■トップ10
1位 アルゼンチン
2位 ブラジル
3位 ドイツ
4位 チリ
5位 ベルギー
6位 フランス
7位 コロンビア
8位 ポルトガル
9位 ウルグアイ
10位 スペイン

■ブラジル・ワールドカップ後の日本の順位の推移
2014年8月 44位
2014年9月 48位
2014年10月 52位
2014年11月 53位
2014年12月 54位
2015年1月 54位
2015年2月 55位(ハビエル・アギーレ監督契約解除)
2015年3月 53位(ヴァイッド・ハリルホジッチ監督就任)
2015年4月 50位
2015年5月 50位
2015年6月 52位
2015年7月 50位
2015年8月 56位
2015年9月 58位
2015年10月 55位
2015年11月 50位
2015年12月 53位
2016年1月 53位
2016年2月 58位
2016年3月 56位
2016年4月 57位
2016年5月 57位
2016年6月 53位
2016年7月 57位
2016年8月 49位
2016年9月 56位
2016年10月 51位
2016年11月 45位
2016年12月 45位
2017年1月 46位
2017年2月 52位
2017年3月 51位

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
70pt
川崎F
66pt
C大阪
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
58pt
栃木
58pt
沼津
57pt
Jリーグ順位をもっと見る