2016.11.27

浦和GK西川周作も絶賛…“泥を弾く”画期的なソールを搭載した新スパイクが登場!

サッカー総合情報サイト

インタビュー・文=松岡寛人 写真提供=NIKE

 泥を弾く新技術を備えた新型ソール『ナイキ アンティクロッグ トラクション』。悪天候時やピッチコンディションが良くない状況でも、グリップ力が低下することなく、快適なプレーを可能にする。浦和レッズのゴールマウスを守る西川周作も、その機能性と安定性を絶賛している。

――チャンピオンシップ決勝を目前に控える中、愛用のティエンポに新型のアウトソール(アンティ クロッグ トラクション)を搭載したモデルが登場しました。

雨でぬかるんだピッチに対応したソールで、泥や芝が付きにくいんです。履いてプレーした感覚も良かったので、気に入っていますね。

――プレー中にスパイクのトラクションを意識することはありますか?

セービングで横に飛ぶ動きだったり、ロングボールを蹴る時には足下に意識が向いています。個人的にはどっしりと構えるタイプなので、踏ん張りが効くかどうかは特に気になりますね。

――実際に試合でも着用しているのですか?

この間、雨で芝の状態が良くないピッチでゲームをした時に、普段履いているモデルと履き比べてみたんです。いつもは試合後にタオルでソールを拭いて手入れをしているんですけど、新しいソールにはほとんど芝が付いていなかったんですよ。

――ピッチ状況に応じて使い分けができるのはいいですね。

そうですね。日本は整備されたピッチが多いですが、海外では荒れたピッチで試合をすることも少なくないので、遠征の時にはぜひ持っていきたいですね。

Nike Anti Clog Traction(ナイキ アンティ クロッグ トラクション)

適応力の高いポリマー樹脂を採用した新型ソール。水・泥・土との親和性を高め、表面を常に滑らかな状態に保つことにより、ソールへの土や泥の付着を防止。ぬかるんだ天然芝のピッチや土のグラウンドでも快適なプレーを可能にする。

『アンティ クロッグ トラクション』搭載モデルはこちら

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
63pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
63pt
鹿児島
54pt
群馬
51pt
Jリーグ順位をもっと見る