2016.11.16

「勝った時こそ冷静に」…危機感持つ吉田「初戦で負けたツケを未だに感じる」

吉田麻也
サウジアラビア戦にフル出場した吉田麻也。「まだまだ半分終わっただけ」と気を引き締めた [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 日本代表は15日に行われた2018 FIFAワールドカップ ロシア アジア最終予選の第5戦でサウジアラビア代表に2-1で勝利を収めた。「勝ってる時こそ、しっかり足元を見つめ直さなければいけない」。フル出場したDF吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)は試合後に改めて気を引き締めた。

 日本は前半終了間際の45分、相手選手のハンドで得たPKを清武弘嗣(セビージャ)がゴール左下に決めて先制。後半に入って80分に原口元気(ヘルタ・ベルリン)が追加点を挙げた。「やっぱり2点目がすごく重要だと思っていたので、ハーフタイムも2点目を先に取ろうと話をしてました。オーストラリアの時も2点目を取れずに引き分けに持ち込まれたので、まあ、元気がよく決めてくれたなと思う」と味方のゴールを喜んだ吉田だが、試合終了目前の90分に「ちょっとツメが甘かった」と振り返る痛恨の失点を喫した。

「2点目取ってから(サウジアラビアに)ボール回され始めて、なかなか奪えなかったけど、その時の戦い方はもうちょっと工夫しなきゃいけないなと思う。ある程度、後ろでボール回させる分には問題ないので、相手のミスを待って、しっかりブロックを作って、エネルギーをセーブしながら戦うやり方も大事だった。サウジが残り10分、15分勢いを持ってくるっていうのは、もう分析でも分かってたことなので」

 2-1で勝利した日本は、首位サウジアラビアと勝ち点10で並んだものの、得失点差で暫定2位となった。その後、2位オーストラリアが最下位のタイと引き分けたことで、W杯出場圏内の2位に浮上したが、無失点に抑えれば首位の座を掴めただけに、終盤に喫した1点の悔しさが際立つ。

「1失点したのは悔しい」という吉田は、「勝てたっていうのがすごく大事なことでしたし、ホームで確実に叩いておかなければいけない相手だったので」と首位撃破を評価した一方で、「勝った時こそ、冷静に分析できると思う。負けたらいろんなプレッシャーがある中で冷静に判断できなくなる可能性もあるので。勝ってる時こそしっかり足元を見つめ直して、何が足りないのか、何を向上しないといけないかを掘り下げていかなきゃいけない」と気を引き締めた。

 さらに「僕もミドルレンジからロングレンジのパスをうまく通せなかった」と自身の課題についても言及。「個人的にはイングランドで通用するようなボールを意識しなきゃいけないし、イングランドで取り組んでることがこの代表にも還元できると思う。チームにとっても僕自身にとっても代表にとってもプラスになると思うので、両方意識している」と話し、「高いインテンシティーでプレーするっていうのが(ハリルホジッチ)監督の目標でもある。それに沿ったテンポでやらないといけないし、あとはもっと高いインテンシティーの中でミスを減らすこと。そういうところの確率をもっと上げていければ、もっといいサッカーできると思う」とレベルアップを誓った。

 日本は9月に行われたアジア最終予選の初戦で、UAE(アラブ首長国連邦)代表に1-2の敗戦。ホームで黒星スタートとなったが、第5戦を終えて3勝1分け1敗で2位まで浮上し、折り返しを迎えた。

「中東での試合はやっぱ難しくなってくるので、そこで勝ち点を積み上げられるかどうかがキーになってくる。もちろん取りこぼしてはいけない試合はたくさんあるし、初戦で負けたツケを未だに払わされてる感じがする」と危機感を持つ吉田は、「とにかくワールドカップに行くことが目標。チームとしてもより分析は進むと思うので、もっといい試合をして、勝ち点を積み上げて行かなきゃいけない。逆に相手も僕らのことを分かってるわけで、やっぱり大事なのはチームで試合に出て、いいコンディションで迎えることなんじゃないかと思う」と、来年3月23日に敵地でのUAE戦から始まる最終予選後半戦に向けて意気込んだ。

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
37pt
FC東京
28pt
川崎F
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
山口
38pt
大分
37pt
町田
35pt
Jリーグ順位をもっと見る
鹿児島
27pt
沼津
24pt
鳥取
24pt
Jリーグ順位をもっと見る