2016.11.12

清武との連携に好感触…フル出場の山口蛍「いい距離感でできた」

山口蛍
フル出場で勝利に貢献した山口蛍 [写真]=三浦彩乃
サッカー総合情報サイト

 キリンチャレンジカップ2016が11日に行われ、日本代表はオマーン代表に4-0で勝利した。試合後、MF山口蛍(セレッソ大阪)がコメントを残している。

 日本はスタメン起用されたFW大迫勇也(ケルン)の2ゴールでリードを奪うと、後半にはPKを清武弘嗣(セビージャ)が決めて3-0とした。後半アディショナルタイムには途中出場のMF小林祐希(ヘーレンフェーン)が代表初ゴールを挙げて4-0とし、オマーンに完勝。山口は先発フル出場で勝利に貢献している。

 山口はセレッソ大阪やハノーファーでともにプレーしていた清武との連携について質問を受けると「ずっと一緒にやってたし、お互い見ながらやってたし、結構いい距離感でできてたのかなと思いますけど。やっぱりキヨ君に入ったところからチーム全体のスイッチが入るってところもあるし、そこから左右裏にすごい良いボールが出るから、攻撃の起点は今日はキヨ君やったし、それがうまく行ってた部分もある」と、同選手を称賛した。一方で「結構グランドが濡れてて、思ったより今日そういうトラップの部分だったりとか、結構パスが流れたりとかっていうのがあった」と反省点も挙げていた。

 試合展開については「うまく流れの中で崩せたってのは収穫だと思いますけど、やっぱりカウンターを食らってるシーンも何シーンかあったし、そこはしっかり押さえたいってのはある」とコメントし、次戦に向けて「誰が出るか全然分かんないし、そういった中で新しいメンバーになった時にまたどういうサッカーができるのかってこと」と、メンバーの入れ替わりが激しい中でも結果が求められる状況に言及した。

 日本代表は次戦、15日に2018 FIFA ワールドカップ アジア最終予選でサウジアラビア代表と対戦する。

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
55pt
川崎F
49pt
FC東京
42pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
61pt
町田
60pt
大分
57pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
44pt
鹿児島
43pt
沼津
40pt
Jリーグ順位をもっと見る