2016.11.09

DF森重、サウジの“ずる賢さ”を警戒「無駄なファウルをしない」

森重
9日、調整を進めるDF森重(中央) [写真]=JFA
サッカー総合情報サイト

 11日にキリンチャレンジカップ2016・オマーン戦、15日に2018 FIFAワールドカップ ロシア アジア最終予選・サウジアラビア戦を迎える日本代表が9日、オマーン戦の会場となる茨城県立カシマサッカースタジアムで練習を行った。トレーニング後、DF森重真人(FC東京)がコメントを残している。

 これまでのアジア最終予選全4試合でDF吉田麻也(サウサンプトン)とともにセンターバックで出場を果たしている森重。日本の守備を支える同選手は、サウジアラビア戦の重要なポイントとして「無駄なファウルをしない」ことを挙げ、「監督と選手で映像を見ながら話し合う機会も多くなっています」と守備対応に関する意見交換を活発に行ってることを明かした。

 日本がこれまでに喫した4失点は、FKから2失点、PKで2失点となっている。対するサウジアラビアはPKで3ゴール、直接FKで1ゴールを決めている。この数字を受けて森重は、「(サウジアラビアの)ずる賢さとか、そういうのを含めて注意すべきです。エリア内だけでなく、ファウルに対して少し冷静になる部分は試合中必要なのかなと思います」とコメント。再度、危険なエリアで反則を冒さないことの重要性を訴え、慎重な対応を目指すとした。

 現在29歳の森重は、2014年のブラジルワールドカップに出場しているものの、アジア最終予選でプレーするのは今回が初めてとなる。その戦いを通じて森重は、「代表はチャレンジする部分と、結果を残さないといけない部分が常につきまとっています」と難しさを感じている様子。それだけに11日のオマーン戦は、「いろんなことを試す場面でもあるし、今までの最終予選で自分らができなかったことを修正する試合でもあると思います。いろんな意味合いがそれぞれあると思います。1試合確認できるチャンスがあるのはチームにとってプラスかなと思います」とその意義を語った。

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
70pt
川崎F
66pt
C大阪
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
58pt
栃木
58pt
沼津
57pt
Jリーグ順位をもっと見る