2016.11.08

試合勘も体力面も「不安なし」 清武、オマーン戦は「リラックスして臨みたい」

清武弘嗣
練習後の取材に応じた清武弘嗣 [写真]=JFA
サッカー総合情報サイト

 日本代表は8日、キリンチャレンジカップ2016と2018 FIFAワールドカップ ロシア アジア最終予選に向けて、鹿嶋市内で合宿3日目のトレーニングを行った。この日から合流したMF清武弘嗣(セビージャ)が、自身の状況や試合への意気込みを語った。

 2日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第4節のディナモ・ザグレブ戦で公式戦9試合ぶりとなる出場を果たした清武は、「(試合に出られない状況のなかで)体力を落とさないのと、気持ち面だったり、体のコンディション面だったり、フィジカル面だったりはなるべく落とさないようにっていうのは心がけていますけど」と明かすと、「正直、この前のCLに出て、あんまり試合勘っていうのは気にならなかった。ただ、20分でちょっと疲れちゃったので、そこだけかなと思います」とコメント。それでも、体力面についても「不安はない」と強調した。

 待望のCLデビューを果たした感想については、「CLに出たんだ、という感じがしなかったです。久々に試合に出たので。だから、あんまり。試合終わって、『あ、CLだったんだ』くらいな感じでしたね」と振り返っている。

 今回は、11日にキリンチャレンジカップ・オマーン代表戦を挟み、15日にW杯最終予選でグループ首位サウジアラビア代表との大一番に臨む日本代表。

 清武はオマーン戦について、「いい形で勝ってサウジ戦に臨みたい」としつつ、「別に気を抜くわけではないですけど、自分のコンディションだったり、本当にこのオマーン戦でたくさんのことが確認できると思います。あくまでサウジ戦が一番大事なので、そこに合わせてやっていきたい。リラックスして臨みたいと思います」と位置づける。

 そしてサウジアラビア戦について「別にそんなにむずかしくないですよ。僕たちは勝つだけですし。勝ち点3だけしかないっていうことは分かっているんで。あんまり他のことは考えていないですね」と、必勝を誓った。

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
70pt
川崎F
66pt
C大阪
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
58pt
栃木
58pt
沼津
57pt
Jリーグ順位をもっと見る