2016.08.30

「ムムッ、こんな所にゴン中山いた?」“絶対に見たくなる”W杯最終予選のCMが話題

サッカー総合情報サイト

 2018 FIFAワールドカップロシア アジア最終予選の日本戦を全試合を放送するテレビ朝日が、いよいよ9月1日に初戦を迎える大一番に向けて渾身のCMを制作した。

 W杯アジア最終予選、日本代表は「ドーハの悲劇」、「ジョホールバルの歓喜」など、過去の戦いで「天国」と「地獄」を見てきた。そんな歴代の最終予選の場面に、川平慈英さんと中山雅史さんがタイムスリップ。2人が節目の場面に登場するCMが話題となっている。

 90秒のロングバージョンでは、あと数分、1点差を守り切れば大会初出場が決まるという局面で同点に追いつかれ、本戦への道が閉ざされた「1993年 ドーハの悲劇」から始まる。続く場面は「1997年 ジョホールバルの歓喜」。岡野雅行の決勝点で初出場を決め、ピッチ、盛り上がるサポーターの姿によって当時の雰囲気が蘇る。終盤は、相手サポーターからの嫌がらせや不可解な判定などで日本代表が屈強に立たされながらも、それら苦難に打ち勝って本戦出場を決めていく力強さがまとめられている。

「ドーハの悲劇」当時、同点に追いつかれ、茫然自失の川平慈英(当時)と肩に手をやる川平慈英(現在)

「ドーハの悲劇」当時、同点に追いつかれ、茫然自失の川平慈英(当時)と肩に手をやる川平慈英(現在)

W杯出場への道が閉ざされ、立ち上がれない三浦知良。と、寄り添う中山雅史(現在)

W杯出場への道が閉ざされ、立ち上がれない三浦知良。と、寄り添う中山雅史(現在)

先制点を決める中山雅史(当時)。と、しっかりボールをよけてゴールさせる中山雅史(現在)

先制点を決める中山雅史(当時)。と、しっかりボールをよけてゴールさせる中山雅史(現在)

 ワールドカップ初出場を決め、サポーターと喜ぶ川平慈英(当時)を見る川平慈英(現在)

ワールドカップ初出場を決め、サポーターと喜ぶ川平慈英(当時)を見る川平慈英(現在)

不可解な判定を受け、審判に詰め寄る選手と中山雅史(現在)

不可解な判定を受け、審判に詰め寄る選手と中山雅史(現在)

W杯出場を勝ち取るPKを蹴る本田圭佑を間近で見守る中山雅史(現在)

W杯出場を勝ち取るPKを蹴る本田圭佑を間近で見守る中山雅史(現在)

 そんな“絶対に見たくなるCM”は、8月27日の『神様に選ばれた試合』で放送。運良くCMを見た人は、「あの時のカズの横に座る現代のゴンがいい」、「最終予選が俄然楽しみな気分にさせてくれたもん…さすがだなぁ」、「このロシアW杯のタイムトラベルのCM大好きなんだけどww」と感想を綴っている。

 アジア最終予選、日本代表対UEA代表は9月1日(木)19時からテレビ朝日系で生中継される。

テレビ朝日絶対に負けられない番組公式サイト

小学生向けのサッカー情報誌、待望の第2号!――ワールドサッカーキング9月号増刊『サッカーキング・ジュニア』

[主なコンテンツ]

小学生向けのサッカー情報誌「サッカーキング・ジュニア」の待望の第2号が8月3日に発売。巻頭スペシャルインタビューには香川真司選手を迎え、ジュニア年代からプロ選手になるまでをたっぷりとお話してもらいました。他にも日本代表で活躍する原口元気選手や酒井高徳選手などのインタビューも掲載しています。

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
58pt
川崎F
52pt
柏レイソル
50pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
70pt
長崎
59pt
福岡
58pt
Jリーグ順位をもっと見る
沼津
45pt
秋田
44pt
栃木
43pt
Jリーグ順位をもっと見る