FOLLOW US

五輪敗退も今後の成長を誓う主将MF遠藤「絶対にこの悔しさを無駄にしない」

主将としてリオ五輪を戦った遠藤航 [写真]=Getty Images

 リオデジャネイロ・オリンピックのグループステージ第3戦が10日に行われ、日本はスウェーデンと対戦した。試合はMF矢島慎也(ファジアーノ岡山)がゴールを決め、1-0で日本が大会初勝利を収めた。しかし、同時刻に行われたコロンビア対ナイジェリアの試合でコロンビアが勝利したため、日本のグループステージ敗退が決定した。

 MF遠藤航(浦和レッズ)は「自分たちからアクション起こしてサッカーをしよう」という気持ちでこの試合に臨んだという。大会初勝利となった試合を振り返り、「入り方は良かったと思いますし、先制点も取れて後ろも0に抑えて勝利できた」とコメント。最低限のやるべき仕事をこなせたことには一定の満足感を示しつつ、「(グループステージを)突破ができなくて残念」と悔しさをにじませた。

「気持ちを全面に出すこと」やビハインドの場面でも「諦めない姿勢」を意識し、主将としてチームを引っ張ってきた遠藤。今後に向けては「この経験を絶対に糧にしていかないといけない」と語気を強めると、「オリンピックチームはここで終わってしまいますけど、個人個人のプロサッカー人生っていうのはまだまだこれからだと思う。絶対にこの悔しさを無駄にしないでさらに努力を続けて1人1人が成長していけるようにしていきたいです」と今大会の経験を通じ、大きな飛躍を遂げることを誓った。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO