2016.08.05

「もっと激しさが必要」…1ゴールの興梠、「球際の強さ」が課題と強調

興梠慎三
PKで1ゴールを挙げた興梠慎三 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 リオデジャネイロ・オリンピックのグループステージ第1節が4日に行われ、ナイジェリア代表と日本代表が対戦。日本は大量5失点を喫し、4-5で初戦を落とした。

 試合後、FW興梠慎三浦和レッズ)が敗戦を振り返った。興梠は開始9分、FW南野拓実(ザルツブルク/オーストリア)が得たPKのキッカーを務め、ゴール右隅へ決めた。「全然、緊張することなく決められた」というゴールで、先制を許した2分後に同点に追いつくことができたが、さらに2分後に勝ち越しゴールを奪われ、常に先手を取られる展開を強いられた。

 興梠は「失点(の時間帯)が早かったこともあるけど、攻撃陣は失点してからも“落ち着いて追いつこう”ということで(実際に)追いついて。で、また失点してしまってという。追う立場ばっかりだったんですけど、全体的にバタバタしていたのかなと」と、落ち着きのない試合を振り返り、以下のように続けた。

「もうちょい、後ろが余裕を持って(パスを)回してくれたら、もうちょい落ち着いた試合になったんじゃないかなと思いますけど。取った後の1本のパスでミスをしたりとか、そういうのも多かったので。すごくもったいない試合だったかなという感じがします」

 興梠が「もったいない」と評した一戦で、大量5失点を喫した日本。守備面の修正が急務となる中、「球際で全く勝てない。五分五分のボールが全部向こうに行ってしまっていた。やっぱりそういうところじゃないですかね。もっと身体を(相手に)ぶつけたりとか、激しさが必要なんじゃないかなと思います」と課題を挙げ、「自分もチームでACL(AFCチャンピオンズリーグ)を戦っている時には球際が一番大事だった。球際で恐れている選手が何人かいたという感じがするし、もっと激しくいけたらなと」と“球際での強さ”をテーマとして強調した。

 初戦黒星でグループ最下位からのスタートとなった日本。次節は7日、コロンビアと対戦する。中2日で迎える次戦に向けて、興梠は「こういう大きな大会では緊張感ももちろんあるかもしれないですけど。楽しんでやらないと後悔すると思います」と言い、以下のように続けた。

「0-5くらいで負けていたら“本当に次も大丈夫なのかな”っていう感じだったと思うんですけど。攻撃も良い形で点を取れた部分もあるので、皆が『いける』という気持ちしかないと思います」

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
34pt
レスター
26pt
チェルシー
26pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
25pt
ライプツィヒ
21pt
バイエルン
21pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
25pt
レアル・マドリード
25pt
アトレティコ・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
32pt
インテル
31pt
ラツィオ
24pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング