2016.07.31

ブラジル戦を「キッカケ」に…完封負けも五輪へ前を向く亀川と室屋

亀川諒史 室屋成
ブラジル戦を終えて、亀川諒史(左)と室屋成(左)がインタビューに応えた [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 リオ五輪日本代表は30日、国際親善試合でリオ五輪ブラジル代表と対戦し、0ー2で敗れた。スタメン出場したDF室屋成(FC東京)と、59分からピッチに立ったDF亀川諒史(アビスパ福岡)が試合についてコメントしている。

 室屋は試合を終えて「単純に振り切られず、ついて行くという部分はできましたし、うまく飛び込まず、やらせないようにはできたと思います」と試合の成果を挙げた上で「スピードの部分では剥がされてしまう部分もあったので、そういうところは反省しなくてはいけないなと思いました」と、ブラジル選手の身体能力を痛感している様子だった。

 DF藤春廣輝(ガンバ大阪)との交代で途中出場した亀川は「上には上がいるんだなというのを改めて感じた試合」とブラジル戦を表現し、「同年代ですけど、個人としての能力はまだまだ自分たちが足りていないなと実感しました」と、個の力の差を感じたことを明かしている。

 中4日で本大会の初戦を迎えるリオ五輪日本代表。室屋は本大会に向けて「チームとして全然思うようなプレーをさせてもらえなかったんですけど、本当にこういうレベルの高いチームとできたことはいい経験になりましたし、この試合がきっかけになるような、初戦にしたいと思います」と意気込んでいる。

 亀川も「まだまだ自分たちはチャレンジャーだということを改めて感じた。でも全てがダメだったというわけではなかったと思います。後半は相手も疲れてきたということもあって、シュートまで持ち込めたシーンでは惜しいとこまで持ち込めたので、いかに前半をゼロで抑えて後半に勝負できるかが、これからの課題になってくる」と、試合を通して感じたポイントを明かしている。

 リオデジャネイロ・オリンピックは8月4日に開幕する。リオ五輪日本代表は大会初日にリオ五輪ナイジェリア代表と対戦する予定だ。

7月30日 国際親善試合 五輪日本代表vs五輪ブラジル代表

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ボルシアMG
17pt
ブレーメン
17pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
エスパニョール
17pt
アラベス
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
インテル
19pt
欧州順位をもっと見る