2016.04.07

FIFAランク、日本は57位でイラン、豪州、韓国に次ぐアジア勢4位に後退…アルゼンチンが1位浮上

日本代表
3月29日にシリアと対戦した日本代表 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 FIFA(国際サッカー連盟)は7日、最新のFIFAランキングを発表した。

 日本代表は前回から1つ下げて57位となった。ロシア・ワールドカップ アジア3次予選(最終予選)に出場する12カ国では、イランが前回から2つ上げて42位でトップ。17つ上げたオーストラリアが2番手、1つ上げた韓国が3番手に浮上し、日本はアジア4番手となった。

 5番手以降はサウジアラビア(60位)、ウズベキスタン(66位)、UAE(68位)、中国(81位)、カタール(83位)、イラク(105位)、シリア(110位)、タイ(119位)と続いている。最終予選の抽選会は4月12日にクアラルンプール(マレーシア)で開催。FIFAランキングに基づいて12カ国が6つのポッドに振り分けられる予定で、日本は韓国とともに第2ポッドになることが予想される。

 上位陣では昨年11月以降1位に立っていたベルギーが2位に後退し、アルゼンチンがトップに浮上。2つ上げたチリが3位に入った。

■ロシア・ワールドカップ アジア最終予選出場12カ国
42位 イラン
50位 オーストラリア
56位 韓国
57位 日本
60位 サウジアラビア
66位 ウズベキスタン
68位 UAE
81位 中国
83位 カタール
105位 イラク
110位 シリア
119位 タイ

■トップ10
1位 アルゼンチン
2位 ベルギー
3位 チリ
4位 コロンビア
5位 ドイツ
6位 スペイン
7位 ブラジル
8位 ポルトガル
9位 ウルグアイ
10位 イングランド

■ブラジル・ワールドカップ後の日本の順位の推移
2014年8月 44位
2014年9月 48位
2014年10月 52位
2014年11月 53位
2014年12月 54位
2015年1月 54位
2015年2月 55位(ハビエル・アギーレ監督契約解除)
2015年3月 53位(ヴァイッド・ハリルホジッチ監督就任)
2015年4月 50位
2015年5月 50位
2015年6月 52位
2015年7月 50位
2015年8月 56位
2015年9月 58位
2015年10月 55位
2015年11月 50位
2015年12月 53位
2016年1月 53位
2016年2月 58位
2016年3月 56位
2016年4月 57位

Jリーグ順位表

川崎F
63pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
63pt
鹿児島
54pt
群馬
51pt
Jリーグ順位をもっと見る