2016.03.25

柏木、サイド起用に戸惑いも…新布陣に手応え「距離感近くできる」

柏木
アフガニスタン戦に左サイドで先発出場した柏木陽介 [写真]=兼子愼一郎
サッカー総合情報サイト

 日本代表は24日、2018 FIFAワールドカップ・ロシア アジア2次予選のアフガニスタン戦に挑み、5−0と大勝。勝点を19とし、E組2位以内が確定。各組2位の中で成績上位4チーム以内に入ることも決定し、最終予選進出を決めた。

 アフガニスタン戦に左サイドで先発出場したMF柏木陽介(浦和レッズ)は、最終予選を突破したことについて、「自分も試合に絡めた中で突破できて良かったなと思います」と振り返った。

 サイドでのプレーについて試合直後は「戸惑いもあった」とコメントしていた柏木。「自分の持ち味はボールに触って前を向いた状態でプレーすること。あのポジションだけど、引いてきてプレーした時間はもうちょっとメリハリをつけることができたんじゃないかな」と、試合から一夜明けて具体的な反省点を述べた。

 また「もっとできたんじゃないかという気持ちのほうが強い。与えられたポジションでより自分ができるものを出していかないといけない」と、気を引き締めていた。

 新布陣として採用した2トップについては、「距離感が近くできるという良さはあった」とした上で、「カウンターを食らいやすい状況ではあったので、そこは気をつけないと」と語った。

 最終予選に良い流れで進むためにも、2次予選を首位で通過したい日本代表。次戦は29日にホームで2位のシリア代表と対戦する。

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
55pt
川崎F
49pt
FC東京
42pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
61pt
町田
60pt
大分
57pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
44pt
鹿児島
43pt
沼津
40pt
Jリーグ順位をもっと見る