2015.11.29

ハリル、本田のセンターFW起用を示唆「中央で使うのもソリューション」

ハリルホジッチ
「KIRINキャンプ」後に『取材に応じたハリルホジッチ監督 [写真]=瀬藤尚美
サッカー総合情報サイト

 日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督が、29日に都内で行われた中学生30名対象のサッカー合宿「KIRINキャンプ」終了後、記者団の取材に応じ、ミランに所属するFW本田圭佑のセンターフォワード(CF)起用を考えていると明かした。

 本田は、28日に行われたセリエA第14節のサンプドリア戦で80分からプレー。7試合連続の途中出場となった現状についてハリルホジッチ監督は、「もちろん安心していない。昨日も後半にちょっと入って10分ぐらいしか出ていない」と控えの扱いを危惧すると、「特に注意して彼とは電話している。直接話したときは『ミランでポジションを奪いたい』と言っていた」と、本田の強い意思がこもった言葉を明かした。

 さらに、「競争がかなり激しいところなので、覚悟してトレーニングしてほしい」とミランでのポジション奪取へエール。「あの年齢になると、90分間プレーし続けないと、フィジカルは落ちる。個人で補足トレーニングが必要になるし、かなり正確にやらないといけない」と29歳の本田にアドバイスを送った。

「来年また1月2月にヨーロッパへ行って、選手と会って話をしたい」と欧州視察の予定を明かす同監督は、「本田と長友には会いに行っていろんな話をしたい。長友も最近は右サイドバックで出ている」と、インテルで信頼を取り戻したDF長友佑都にも言及。イタリア組2人との会談を熱望しているという。

 また、ドイツのフランクフルトに所属する日本代表キャプテンのMF長谷部誠については、「長谷部に先日連絡したとき、少し股関節が痛いと言っていた。どんな状態なのかと話はした。コンタクトは常に取り続けている」とコメント。長谷部は、恥骨炎を発症を報じられたものの、28日に行われたブンデスリーガ第14節のマインツ戦では先発出場し84分までプレーした。

 長谷部は軽傷で済んだようだが、ハノーファーに所属するMF清武弘嗣は、16日に行われた日本代表の公式練習中に右第5中足骨を骨折し、またも負傷離脱。さらに、シャルケ所属のDF内田篤人も長期離脱が続いている。「FIFAランク上位20位に入りたい」と長期的な目標を掲げたハリルホジッチ監督は、「かなり前もって予測し、準備を整えなければならない」と、負傷者が出た際の対策が必要だと主張。

「今年はいろんなメンバー変更をして戦ったんですけど、たとえばオカ(FW岡崎慎司/レスター)がケガしたらどうしようとか、本田が出なかったらどうしようとか、次の準備をしている。もしケガをしたらソリューションがないといけない」と語ると、解決策の1つとして本田について、「例えば、FWで(使う)ということも考えている。真ん中、中央で」と、2010年南アフリカ・ワールドカップでもプレーしたCFでの起用を示唆。17日に行われたカンボジア戦で途中からCFでプレーした本田を高評価しての考えだという。

「20分で5回チャンスを作ったのを覚えていますか? 彼は足元ではなく、(DFラインの)背後に走って努力している。16メートルの中で勝負を見せ、点も取ってくれた。初めてセンタリングからヘディングで点を入れました。彼は背後に走り始めている」と説明。「彼はフットボールを知っていますし、パワーもある。FWの中央で使うのも一つのソリューション。我々はもっと点が取れる選手を探している。あと1〜2人探したい。チームに絶対に必要なこと」と1つの解決策として考えていると語った。

 一方、国内組については、「12月20日にもしクラブが同意すれば、国内組の選手を何人か呼んでミーティグしたい」と合宿の計画を進めていると明かした。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る