2015.11.17

PK失敗もチームの勝利を喜ぶ初主将の岡崎慎司「良い刺激になった」

岡崎慎司
カンボジア戦でキャプテンを務めたFW岡崎慎司 [写真]=兼子愼一郎
サッカー総合情報サイト

 日本代表は、17日に行われた2018 FIFAワールドカップ ロシア アジア2次予選でカンボジア代表と対戦し、2-0で勝利を収めた。

 日本は、前半をスコアレスで折り返すと、後半から遠藤航を下げて柏木陽介を投入。47分にキャプテンの岡崎慎司がPKを失敗したものの、51分に柏木のFKから相手のオウンゴールを誘い、先制に成功する。その後、日本は追加点を奪えないまま終盤に突入するが、終了間際の90分、本田圭佑が藤春廣輝のクロスを頭で合わせてゴール。日本は、2-0で予選6試合連続無失点の新記録を達成し、年内最終戦を勝利で飾った。

 試合後、初めてキャプテンを務めた岡崎は「緊張もしましたけど、チームの中では1番試合に出ているし、自分が引っ張って行かないといけないっていう意味では、良い刺激になりました」と感想を語った。

 試合内容については、スコアレスで終わった前半を「なかなか上手く行かなかった」と振り返るものの、「我慢して戦えた部分もあったんで、それが後半に繋がったと思います」と後半のチームのパフォーマンスを評価。その一方で「ゴールを狙ってたんで、決められればよかった」と、PK失敗もあり、ノーゴールに終わった自身のパフォーマンスを悔やむが、「チームが勝ったことが1番嬉しいんで、次につながる試合ができたと思います」と年内最終戦での勝利を喜んだ。

 同予選は残り2試合。首位をキープした日本代表は、来年の3月24日にアフガニスタン代表と、同月29日にシリア代表とそれぞれ埼玉スタジアム2002で対戦する。岡崎は、「来年はもっと厳しい戦いが待っているんで、今日のような試合じゃなくて、質の高い試合と熱い試合ができたらいいと思います」と意気込んだ。

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
64pt
川崎F
59pt
柏レイソル
53pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
77pt
福岡
68pt
長崎
67pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
52pt
沼津
47pt
秋田
46pt
Jリーグ順位をもっと見る