FOLLOW US

アザディ・スタジアムの日本戦観客は2~3万人か…イラン側関係者が明かす

13日のイラン代表戦に向けて調整を続ける日本代表 [写真]=兼子愼一郎

 13日に最大10万人収容とされるテヘランのアザディ・スタジアムでイラン代表と対戦する日本代表。一部報道では8万人のイランサポーターが集結するとされているが、実際のところは2〜3万人程度の入場者数に落ち着きそうだ。

 日本サッカー協会のスタッフが現地のリエゾンオフィサーに聞いたところ、「平日のナイトゲームで、ワールドカップ予選でもない。おそらく観客数は2〜3万人程度になるのではないか」と返答があったという。

 とはいえ、同会場で戦った9月のアフガニスタン戦、オマーンの首都マスカットで行われた8日のシリア戦はともに中立地開催で観客も少なく、とてもアウェーとは言えない雰囲気だった。この2試合と比較すれば、明確な敵地でのアウェーゲーム。選手にとっては声が届きにくくなることも想定されるだけに、2次予選後に控える最終予選を含め、今後に向けた格好のテストマッチとなりそうだ。

 GK西川周作浦和レッズ)は11日の練習後、「気をつけなければならないポイントは、今日のトレーニングでもディフェンス陣を中心に確認し合えている。普段の練習から準備しておけば、試合でもいいコミュニケーションが取れるので、慌てずにやっていきたい」とアウェーの環境を視野に入れた練習ができていると語り、「その中で勝つことができれば、また自分たちが成長できる。結果を出しながら成長していきたい」と今後を見据えた。

 注目のイラン戦は、日本時間の13日22時30分キックオフの予定。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO