2015.10.09

オーストラリア、敵地で黒星…カタールは中国破り全勝維持/アジア2次予選

ヨルダン
オーストラリアに勝利したヨルダンのサポーター [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 2018 FIFAワールドカップロシア アジア2次予選が8日に各地で行われた。

 グループEでは、敵地でシリア代表との天王山に臨んだ日本代表がFW本田圭佑、FW岡崎慎司、FW宇佐美貴史がゴールを決めて3-0で勝利し、首位に浮上。アジアカップ2015を制覇したオーストラリア代表は、敵地でヨルダン代表に2-0で敗れた。これにより、ヨルダンが1ポイント差でオーストラリアを抜き、グループBの首位に立っている。

 3戦全勝でグループCの首位を走るカタール代表は、同2位の中国代表に1-0で勝利を収めた。また、韓国代表とクウェート代表による全勝同士の対戦となったグループGの首位攻防戦では、MFク・ジャチョルが12分に挙げた先制点を守りきり、韓国が1-0で勝利した。

 2次予選は2015年6月11日から2016年3月29日にかけて実施。各8グループの最上位チームおよび2位チームの中から成績上位4チームの計12チームが最終予選に進む。

 各グループの結果と順位は以下の通り。

■グループA
▼試合結果
東ティモール 1-1 パレスチナ
サウジアラビア 2-1 UAE

▼順位
1位 サウジアラビア(勝ち点12/得失点差+12)
2位 UAE(勝ち点7/得失点差+10)
3位 パレスチナ(勝ち点5/得失点差+5)
4位 東ティモール(勝ち点2/得失点差-8)
5位 マレーシア(勝ち点1/得失点差-19)

■グループB
▼試合結果
キルギス 2-2 タジキスタン
ヨルダン 2-0 オーストラリア

▼順位
1位 ヨルダン(勝ち点10/得失点差+8)
2位 オーストラリア(勝ち点9/得失点差+7)
3位 キルギス(勝ち点5/得失点差+1)
4位 タジキスタン(勝ち点2/得失点差-5)
5位 バングラディシュ(勝ち点1/得失点差-11)

■グループC
▼試合結果
ブータン 3-4 モルディブ
カタール 1-0 中国

▼順位
1位 カタール(勝ち点12/得失点差+18)
2位 香港(勝ち点7/得失点差+8)
3位 中国(勝ち点7/得失点差+8)
4位 モルディブ(勝ち点3/得失点差-5)
5位 ブータン(勝ち点0/得失点差-29)

■グループD
▼試合結果
トルクメニスタン 2-1 インド
オマーン 1-1 イラン

▼順位
1位 イラン(勝ち点8/得失点差+9)
2位 オマーン(勝ち点8/得失点差+3)
3位 グアム(勝ち点7/得失点差-4)
4位 トルクメニスタン(勝ち点4/得失点差-2)
5位 インド(勝ち点0/得失点差-6)

■グループE
▼試合結果
シンガポール 1-0 アフガニスタン
シリア 0-3 日本

▼順位
1位 日本(勝ち点10/得失点差+12)
2位 シリア(勝ち点9/得失点差+10)
3位 シンガポール(勝ち点7/得失点差+4)
4位 アフガニスタン(勝ち点3/得失点差-12)
5位 カンボジア(勝ち点0/得失点差-14)

■グループF
▼試合結果
ベトナム 1-1 イラク

▼順位
1位 タイ(勝ち点7/得失点差+3)
2位 イラク(勝ち点5/得失点差+4)
3位 ベトナム(勝ち点4/得失点差0)
4位 台湾(勝ち点0/得失点差-7)

■グループG
▼試合結果
ミャンマー 0-2 レバノン
クウェート 0-1 韓国

▼順位
1位 韓国(勝ち点12/得失点差+14)
2位 クウェート(勝ち点9/得失点差+11)
3位 レバノン(勝ち点6/得失点差0)
4位 ラオス(勝ち点1/得失点差-12)
5位 ミャンマー(勝ち点1/得失点差-13)

■グループH
▼試合結果
北朝鮮 0-0 フィリピン
バーレーン 0-4 ウズベキスタン

▼順位
1位 北朝鮮(勝ち点10/得失点差+6)
2位 ウズベキスタン(勝ち点9/得失点差+7)
3位 フィリピン(勝ち点7/得失点差-1)
4位 バーレーン(勝ち点3/得失点差-2)
5位 イエメン(勝ち点0/得失点差-10)

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
40pt
FC東京
31pt
川崎F
30pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
41pt
町田
40pt
大分
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
34pt
鹿児島
30pt
沼津
29pt
Jリーグ順位をもっと見る