FOLLOW US

クラマー氏の死を悼むハリル「日本フットボールに多大なる貢献をした」

クラマー氏についてコメントしたハリルホジッチ監督 [写真]=清原茂樹

 日本代表を率いるヴァイッド・ハリルホジッチ監督が、19日に行われた2015明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ第11節の川崎フロンターレ名古屋グランパス戦を視察し、17日に90歳で亡くなったドイツ人のデットマール・クラマー氏について言及した。

 1960年から日本代表のコーチを務め、“日本サッカーの父”と称されたクラマー氏は、17日にドイツ、ライト・ イム・ヴィンクルの自宅で亡くなった。訃報に接したハリルホジッチ監督は「クラマーさんにはお悔やみを申し上げたいと思います。日本のフットボールに多大なる貢献をした。日本フットボールの発展に貢献してくれた大事な外国人指導者だと思う」と東京オリンピックで日本をベスト8に導くなど、日本サッカーに大きな足跡を残した先人の死を悼んだ。

 また、クラマー氏は1975年から監督を務めたバイエルンでUEFAチャンピオンズカップ(現・UEFAチャンピオンズリーグ)2連覇を達成した。ハリルホジッチ監督は同氏との面識はなかったが、欧州でも結果を残したクラマー氏について「ドイツでもかなり高い評価を受けていた偉大な方。本当に深い気持ちを込めてお悔やみを申し上げたいと思っています」と日本サッカー界に携わった先人への敬意を表した。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO