2015.09.03

勝利が“義務”のカンボジア戦、長谷部がミドル弾を視野に必勝誓う

長谷部誠
最終調整を行った長谷部。カンボジア戦での勝利を誓った [写真]=兼子愼一郎

文=高尾太恵子

 FIFAランキング180位(8月6日発表時点)のカンボジアを相手に勝利以外の結果は許されない。キャプテンのMF長谷部誠は自らに言い聞かせるように「今の状況は理解している。勝利はもちろん、試合を見てくれる人たちに何かを感じてもらえるようなゲームをしないといけない」と一戦必勝を誓った。

 日本代表はここ公式戦4試合で勝利から見放されている。6月に行われたロシア・ワールドカップ アジア2次予選初戦のシンガポール戦はまさかのスコアレスドローに終わり、国内組で臨んだ8月の東アジアカップは3戦未勝利。ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は前日会見で「確固たる決意を持って勝利を目指す。我々自身にも勝利する義務がある」とカンボジア戦での勝利が“義務”であると主張した。

 今回、ハリルホジッチ監督は相手が5バックで臨んでくると予想。シンガポール戦でノーゴールに終わったこともあり、3月就任から初となる2日連続の非公開練習を実施し、攻撃面の戦術確認を集中的に行った。その中で指揮官は得点力不足を解消するカギの一つとして、中盤の選手にミドルシュートを要求。長谷部も「今回に限らず、ゴールへの意識やゴール前に入っていく回数、シュートを打つことに関してはしつこく言われています。ゴールへの怖さは足りないと思っているし、最近は意識している部分。シュートを打つことで、相手に当たって入る可能性もある」と監督の意図を十分に理解している。

 ボランチで先発出場が濃厚な長谷部は、シンガポール戦同様に守備に重心を置くことが予想されるが、勝ち点3獲得に向けて「ロングシュートを打つ場面や崩すタイミングなど、バランスを取っていろんな攻撃を仕掛けたいと思います。ミドルシュートやゴールに入っていく動きで攻撃に厚みを加えたい」と積極的に攻撃に絡んでいく姿勢だ。

 長谷部は今シーズン、所属チームのフランクフルトでは右サイドバックを任せられることが多い。それでも「ボランチで出た時は、チームでも『とにかくどんどん前に絡んでいけ。ゴールを取る意識を常に持て』と言われているので大きくは変わらない」と戸惑いは感じていない様子。自らネットを揺らすことができれば、2011年1月に行われたアジアカップのシリア戦以来、約4年半ぶりとなる待望のゴールになる。

 とは言え、まずはチームの勝利が最優先。引いた相手を崩すためにハリルホジッチ監督が提示した打開策には、ミドルシュートの他にもペナルティエリアへの侵入や相手の逆サイドを突く動き、これまでも要求している縦への速さなどが含まれる。つまり、ピッチに立つ選手たちがいかに臨機応変さを発揮できるかがポイントとなるわけだ。長谷部自身、シンガポール戦後に「丁寧に行こうとしすぎた部分もあったし、もう少し工夫が必要だったと思う。なかなか点が入らなくて丁寧に行きすぎたり、一人ひとりの考える時間が長くなってしまった」とピッチ内での判断スピードや意志共有の重要性を説いていただけに、ゴールへの意欲を口にしながらも「(監督からは)結局、ピッチの中でやるのは君たちなんだから、そこは臨機応変にやれと常に言われてきた。シンガポール戦では選手がそこを発揮できなかった。自分を含め経験ある選手はそういうところをやらなければいけない」と相手や状況に応じたプレーが必要であるとした。

 この試合が国内で行われる年内ラストマッチ。キャプテンは「しっかり勝ち点3を取ること。それとともにしっかりとした内容も示して、自信を取り戻したい」と力を込めた。4戦未勝利という悪夢を払しょくして自信を取り戻すために、まずはアジア2次予選初勝利で停滞ムードを打破したい。

Jリーグ順位表

川崎F
63pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
63pt
鹿児島
54pt
群馬
51pt
Jリーグ順位をもっと見る