2015.09.03

最新FIFAランク、日本は58位でアジア3番手変わらず…W杯以降最低

日本代表
東アジアカップを戦った日本代表 [写真]=ChinaFotoPress via Getty Images

 FIFA(国際サッカー連盟)は3日、最新のFIFAランキングを発表した。

 日本代表は8月にEAFF東アジアカップ2015を戦い、2分け1敗の最下位で大会を終えた。この結果、前回の56位から2つ順位を下げて58位となった。アジア最上位はイランで、前回から1つ順位を上げて40位。57位の韓国がアジア2位をキープし、日本のアジア3番手は変わらなかった。また、オーストラリアが61位、UAEが70位で続いている。

 なお、ロシア・ワールドカップ アジア2次予選で日本が対戦するグループEの各国は、シリアが121位、アフガニスタンが130位、シンガポールが157位、カンボジアが180位だった。

 上位トップ10では首位のアルゼンチンから7位のルーマニアまで変わらず、前回10位のチリと同8位のイングランドの順位が入れ替わった。北中米カリブ海勢は26位のメキシコが最上位。アルジェリアは19位でアフリカ勢トップの座を守っている。

■トップ10
1位 アルゼンチン
2位 ベルギー
3位 ドイツ
4位 コロンビア
5位 ブラジル
6位 ポルトガル
7位 ルーマニア
8位 チリ
9位 ウェールズ
10位 イングランド

■ブラジル・ワールドカップ後の日本の順位の推移
2014年8月 44位
2014年9月 48位
2014年10月 52位
2014年11月 53位
2014年12月 54位
2015年1月 54位
2015年2月 55位(ハビエル・アギーレ監督契約解除)
2015年3月 53位(ヴァイッド・ハリルホジッチ監督就任)
2015年4月 50位
2015年5月 50位
2015年6月 52位
2015年7月 50位
2015年8月 56位
2015年9月 58位

Jリーグ順位表

川崎F
63pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
76pt
大分
75pt
町田
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
63pt
鹿児島
51pt
沼津
48pt
Jリーグ順位をもっと見る