2015.08.10

アジア杯ベスト8に続き、東アジア杯最下位…セルジオ越後氏「もうアジアの王者ではない」

日本代表
東アジア杯で最下位に終わった日本代表 [写真]=兼子愼一郎

 EAFF東アジアカップ2015第3節が9日に行われ、日本代表と中国代表が対戦。1-1のドローに終わった。この結果、日本は2分1敗の勝ち点2に終わり、同大会初の最下位に終わった。

 試合後、『サッカーキング』ではサッカー解説者のセルジオ越後氏に話を聞いた。

「そもそも、この大会をどういう位置づけ、意義で戦おうとしたのかが分からなかったね。勝ちに行くのか、選手を試す場なのか、新しい戦力を見つけるのか。川又も永井も柴崎も、Jリーグで見せているパフォーマンスがなんでできないの? それはJリーグのレベルが低いからアジアで勝てないということだよ」

「武藤は確かに数字を残したかもしれない。でも最下位のチームにヒーローはいないんだよ。甘やかしてはダメ。結局は這い上がれなかったんだから。武藤には悪いけど、彼は自分の仕事をしただけだね。次も呼んで、戦力となれるかを見ないとね。メディアは無理にヒーローを作ってはいけない。結果は最下位なんだから」

「ハリルホジッチ監督になってから、交代枠が3人の試合で勝てないのは気になるね。でもこれは監督の責任というより、交代で入った選手のレベルにも問題がある。アジアカップでベスト8、今大会は最下位。もう日本はアジアの王者ではないということだよ」

「ハリルホジッチ監督は言い訳のような言葉が出てきているのが気になる。メンバー発表会見でも、『この選手はこういうプレーをする』という授業のようで、どういった狙いで選考したのか、どういう意識で試合に臨むのかが見えてこない」

「9月のカンボジア戦(W杯予選)も今大会のメンバーで戦うと面白いんじゃない? 選手も背水の陣という意識で戦うし、海外組もリーグ戦が始まったばかり。これで海外組を呼んでカンボジア相手に勝利したら、比較されて今回のメンバーのメンタルに影響するよね。このメンバーにリベンジさせてもいいんじゃないかな」

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
64pt
川崎F
62pt
横浜FM
55pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
80pt
福岡
68pt
長崎
68pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
55pt
沼津
50pt
秋田
49pt
Jリーグ順位をもっと見る