2015.08.09

勝利が遠かった日本…武藤、同点ゴール奪うも「もう1点決めたかった」

武藤雄樹
今大会、3試合で2ゴールを挙げた武藤(右) [写真]=兼子愼一郎

 日本代表は9日、EAFF東アジアカップ2015最終戦で中国代表と対戦した。

 開始10分に先制点を許した日本は、41分にMF武藤雄樹のゴールで同点に追いつくも、最後まで追加点を挙げられず。1-1で引き分け、未勝利のまま大会を終えた。

 同点弾を決めた武藤は「みんなで『勝利して帰ろう』と言っていたので、勝てずに悔しいです」と唇を噛んだ。

 試合を振り返り、「最後のチャンスの部分で決め切らないと勝てない。チャンスはあったので、そこでゴールを決めるところ」が勝利へあと一歩足りなかった部分だと分析した。

 代表デビューを飾った北朝鮮戦に続き、ゴールを奪った武藤は、3試合2ゴールという結果を残した。中国戦での得点シーンについては「自分の良さがひとつ出たと思います。みんなが繋いでくれて、最後はいいパスが来たので決めることができてよかった」と語り、安堵の表情を浮かべながらも、「監督からも言われていたので、ゴールを決めれたのは本当に良かった。でも、勝たないと意味がないのでもう1点決めたかった。残念な気持ちのほうが大きいです」と未勝利に悔しさを滲ませた。

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
64pt
川崎F
59pt
柏レイソル
53pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
77pt
福岡
68pt
長崎
67pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
52pt
沼津
47pt
秋田
46pt
Jリーグ順位をもっと見る