2015.08.09

男子は韓国が3度目の東アジア制覇、女子は北朝鮮が優勝…日本男子は屈辱の最下位

北朝鮮 韓国
スコアレスドローに終わった韓国対北朝鮮 [写真]=兼子愼一郎

 EAFF東アジアカップ2015男子の第3戦が9日に行われ、日本代表と中国代表が対戦した。試合は1-1の引き分けに終わり、3試合を終えて2分け1敗の日本代表は最下位で大会を終えた。前日にはなでしこジャパンが中国女子代表に2-0で勝利を収め、1勝2敗の3位で閉幕を迎えた。

 男子は同日行われた韓国対北朝鮮の試合が0-0のスコアレスドローで終わり、1勝2分けで勝ち点5を積み上げた韓国が、3大会ぶり3度目の優勝を果たした。2位に勝ち点4の中国、同勝ち点の北朝鮮が得失点差で3位。日本は大会史上初めての最下位に終わった。

 女子は3戦全勝の北朝鮮が2大会連続2度目の優勝を飾った。2位は2勝1敗の韓国で、3位に日本、4位に中国が続いた。

 EAFF東アジアカップ2015の最終順位表は以下のとおり。

■男子

1位 韓国(1勝2分け/勝ち点5/3得点/1失点/得失点差2)
2位 中国(1勝1分け1敗/勝ち点4/3得点/3失点/得失点差0)
3位 北朝鮮(1勝1分け1敗/勝ち点4/2得点/3失点/得失点差-1)
4位 日本(2分け1敗/勝ち点2/3得点/4失点/得失点差-1)

■女子

1位 北朝鮮(3勝/勝ち点9/9得点/4失点/得失点差5)
2位 韓国(2勝1敗/勝ち点6/3得点/3失点/得失点差0)
3位 なでしこジャパン(1勝2敗/勝ち点3/5得点/6失点/-1)
4位 中国(3敗/勝ち点0/2得点/6失点/-4)

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
64pt
川崎F
59pt
柏レイソル
53pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
77pt
福岡
68pt
長崎
67pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
52pt
沼津
47pt
秋田
46pt
Jリーグ順位をもっと見る