2015.08.06

ハリルジャパンは公式戦未勝利も中国戦に切り替える西川「初勝利で帰る」

西川周作
韓国戦に先発した西川周作 [写真]=Getty Images

 日本代表は5日、EAFF東アジアカップ2015の第2戦で韓国代表と対戦した。

 先制された日本は39分に、MF山口蛍の代表初ゴールで同点に追いつく。しかし、後半は互いに決定機を作りながらも得点に結びつけることができず、1-1で引き分けた。

 試合後、記者団の取材に応じたGK西川周作は「アジアでそう簡単に勝てるとは思ってないです。ACL(AFCチャンピオンズリーグ)でも厳しい戦いを経験して簡単ではないと思っていますし、非常にやりがいを感じます」と、アジアでの戦いが簡単ではないことを強調した。

 中国代表との最終戦については「最後に開催国の中国とアウェーの中で対戦できるのはみんなの財産になっていくと思います。Jリーグ勢でこのまま未勝利のまま帰るってことはしたくないですし、国を代表してここへ来ているので、しっかりやりたいなと思います」と、国内組としての意地をかけてプレーすると意気込みを語った。

 現在のチームに欠けている点については「やっぱり決めるべきところで決めるだったり、相手にボールを持たれていても何とかしのいで、ハッキリとしたプレーをして相手の攻撃を防いでいく。そういうところをチームとしてどんどん確立していければ、確実に勝利を手に入れることができると思います。何度も攻めて沢山チャンスがある中でも点が入らなくて、カウンター1本だけでやられるっていう展開は守備陣としてはしたくないので、(相手に)攻められていてもしっかり我慢することができれば一番いいと思います」と、攻撃陣はチャンスをものにする力、守備陣としては得点を与えずに我慢することが必要だと述べている。

 ヴァイッド・ハリルホジッチ監督が就任して以降の6試合で、日本代表は未だに公式戦での勝利がない。チームに監督が理想とするサッカーが浸透しているかを問われると、「今大会はまだやったことがないメンバーとかと一緒にやって、すぐに試合という流れでした。試合の中で1試合1試合を重ねながら、(ハリルホジッチ)監督がやろうとしていることを、今まで監督の下でやっていた選手が中心となってやろうとしていますし、非常にポジティブな面がたくさん見られる試合でもあります。この大会で(ハリルホジッチ監督の下)初めて負けてしまったので、この大会で公式戦で初めて勝って帰りたいと思います」と、公式戦初勝利を勝ち取ると誓った。

 日本代表は、9日の最終戦で中国代表と対戦する。

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
56pt
川崎F
52pt
FC東京
43pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
64pt
町田
61pt
大分
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
47pt
沼津
43pt
鹿児島
43pt
Jリーグ順位をもっと見る