2015.08.06

失意の東アジアカップ…最終戦を残して男女ともに優勝消滅は日本のみ

日本代表 なでしこジャパン
優勝の可能性が消滅した男子代表(上)と女子代表(下) [写真]=ChinaFotoPress via Getty Images

 EAFF東アジアカップ2015男子の第2戦が5日に行われ、日本代表と韓国代表が対戦した。試合は1-1の引き分けに終わり、2試合を終えて1分け1敗の日本代表は優勝の可能性が消滅。前日にはなでしこジャパンが韓国女子代表に1-2で敗れ、2連敗で優勝の可能性がなくなった。

 男子は1勝1分けの韓国が首位、1勝1敗で得失点差0の中国代表が2位。3位は同-1の北朝鮮代表で、韓国、中国、北朝鮮の3カ国に優勝の可能性がある。女子の優勝国は2連勝の韓国と北朝鮮にしぼられ、中国と日本の優勝はなくなった。また、韓国と北朝鮮は男女ともに優勝の可能性を残している。

 最終戦は8日に女子の韓国対北朝鮮、中国対なでしこジャパン、9日に男子の韓国対北朝鮮、中国対日本の試合が行われる。

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
56pt
川崎F
52pt
FC東京
43pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
64pt
町田
61pt
大分
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
47pt
沼津
43pt
鹿児島
43pt
Jリーグ順位をもっと見る